DS:ストーリー「水谷絵理」episode.6

ストーリー「水谷絵理」episode.6「アイドルの呪い?忍び寄る影」

と言うわけでランクC。
TV局主催のパーティーから始まり局長が挨拶する冒頭の流れは愛のストーリーでも見たが、今回は愛の時のような「IU開幕を宣言するイベント」ではない様子。
尾崎さんはランクCでのノミネート(推薦)は望み薄だと言い、改めて「アイドル・クラシック・トーナメント」に出す旨を伝える。
この辺りの説明無き拘りも俺の尾崎P不信の一因だが、絵理が納得しているなら仕方ない。

第一週、流行はVo>Vi>Daなので、楽曲は「shiny smile」、衣装は「チェリーギンガム」に「天使の羽根」とした。
イメージレベルは上がって「Lv.7」→「Lv.8」に。

月曜日、「ミーティング2」コミュ。
TVCMの話が2本流れたと言う話の直後、尾崎さんが急な打合せから戻ると、2本とも話がひっくり返って絵理に決まったと言う何とも胡散臭い話。
決まってた子が辞退だの事故だのと穏やかじゃない。
「何か…不自然」

火曜日、「ドラマのオーディション」コミュ。
三人一緒に向かうと言う事で事務所へ行くが、まだ愛も涼も来ておらず、石川社長が「妙な噂が立ってる」と言う。
絵理自身が妨害をしていると言う噂と、先日の幽霊屋敷の収録で悪いものに憑かれて呪われたと言う噂。
そこに二人が帰って来たが、

愛「今、道で変な黒い影に追いかけられたんです!」
この世界では芸能プロダクション社長はみんな黒いからなぁ…。

涼「今、TV局の控え室で嫌がらせされちゃって…」
…秘密を知る者の仕業か。
って言うか、涼には詳しく話を聞きたいんだが…。

本気で呪いを危惧して「調べてみる」と言う絵理に、「また変な噂が立つといけない」と止める社長。
絵理はサイネリアに頼る事を思い立つ。サイネリアいい子だよサイネリア。

水曜日、「幽霊屋敷の調査」コミュ。
サイネリアと共に再びあの幽霊屋敷へ。すると、屋敷の管理者が現れた。
自殺したアイドルの噂は元々はそことは別の建物の話だと言う。

木曜日、あれ? オーディションが解禁になってる? 物語の展開が中途半端だなぁ。
Viレッスンであずささんに会う。ギリギリでグッド評価。

金曜日、Viレッスン。誰にも会わず、ギリギリのグッド評価。

土曜日、いつの間にか湧いていた非必須の「店頭プロモーション」コミュ。
新作DVDリリースで店頭に立つも、こだわりの強い絵理はパッケージデザインが気に入らない様子。

日曜日、愛のステージを見に行く。
プレゼントは「ボンボンブレス」。ブレスと言っても龍種の攻撃ではなく、ブレスレットの事。

第二週、事務所前で愛に遭遇する。
流行はVi>Vo>Daとなる。カンストするようならオーディション受けよう。
楽曲は、SPではDa曲だったはずの「キラメキラリ」。何度か使ってVi曲に変更されてる事を確信。
衣装は「サニーサイドオブザムーン」に「天使の羽根」を付ける。

月曜日、Daレッスンで真に会い、パーフェクト評価。
火曜日、Viレッスンでやよいに会うも、ノーマル評価。「日常2」パネルではなく「ビジュアルアピール」パネルを貰った。
水曜日、Daレッスンで春香さんに会う。パーフェクト評価。
木曜日、Daレッスンで千早に会う。Daのカンストを確認し、パーフェクト評価。
金曜日、カンストとしてるけど尚もDaレッスン。雪歩に会う。膝の上で寝てた猫が動き出したためにグッド評価。
土曜日、Voレッスンであずささんに会うが、既にパネル貰ってるので断る。パーフェクト評価。

なんか、最初の頃が嘘のように先輩アイドルとの遭遇率が高いなぁ…。

日曜日、涼のステージを見に行く。相変わらずいい胡麻和え。
プレゼントは「くまのて」だった。え? 漢方薬?

第三週、事務所前で涼に遭遇。
流行はVi>Da>Voと変わる。これはちょっと合わせられないかも。

月曜、Voレッスンでパーフェクト評価。

火曜日、引き続きVoレッスンでパーフェクト評価。
カンストを確認するも、イメージレベルが上がって「Lv.8」→「Lv.9」。

この辺がどうにもカンストを確信出来ない部分なんだよね。
現在Voは流行三位なので、流行に合った事によるイメージレベルアップは有り得ない。
と言う事は、カンストと思われても、何かパラメータが上がってる事になる。

水曜日、Viレッスンで真に会うが、断る。
グッドにも届かずノーマル評価。いつまで経ってもViは苦手だ。

木曜日、Voレッスンでやよいに会う。
そう言えば先週会った時はノーマル評価だった。
なのでレッスンをお願いし、パーフェクト評価で「日常2」パネルを貰う。

金曜日、新たに非必須の「レコーディング1」コミュが湧いていた。
うーん、発生条件が分からないなぁ。二周目やる時は攻略Wikiを読もう。
テンポの速い曲に苦労する絵理に、アドバイスをする尾崎さん。
尾崎さんがアドバイスしてるの初めて見た。意外な一面だ。

土曜日、満を持して「オーディション」へ。と思いきや、
「この間もらった住所だと…この辺のはずデス!呪いのアイドル事務所」
忙しくてなかなか時間が割けなかったとの事で、オーディション前に決着をと急ぐ絵理。
なんだか見覚えある景色なんだが、まさか…
りっちゃん?!
ってか765プロかよ。まだ品川行ってなかったのか。
話を聴く間も無く、タイムオーバーで尾崎さんに呼ばれる。
ではまた日を改めて、

思い出17個の初期状態70%で、7回まわして90%まで上げて合格。
「わかる…自分の実力、上がってるの。」
尾崎さんからも精神的に強くなったとお褒めの言葉が。
何度見ても絵理のキラメキラリはかわいいなぁ。

で、改めて765プロへ。
「車に轢かれかけた子や、経済的に厳しかった子はいるけど…」
「自殺なんて有り得ないわ。うちは芸能界の中でも一二を争う、ノンストレス、お気楽事務所なんだから」
ですよねー。

どうでもいいけど、サイネリアとりっちゃんのやり取りに噴く。
「ネットって言うのはね。必要な情報を得るためと、有料音楽配信のためだけにあるの」
「な、ナニ、その片寄りまくりの意見…」

りっちゃんも調べてくれると言う。えらい引っ張るなぁ。
「もしかしたら、この件、解決するまで長い時間…かかるかも?」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.