DS:ストーリー「水谷絵理」サイネリア・ルート?

絵理のストーリーを始めたばかりの頃に、先に進めていた知人が
「絵理が持ち歌を得た後のオーディションで負けるとサイネリアルートになる
「サイネリアルートとしか言い様がない」
等と言ってたのが気になり、涼のストーリーに移る前に、第二次予選オーディション直前セーブデータから再開した。
今なら、俺が前回までにプレイしていたのが「尾崎Pルート」であった事も分かるが、それを聞いた時の俺には、全く意味不明だった。

と言うわけで、話はepisode.8「過去からの新生」オーディション直前へと遡る。
「アイドル・クラシック・トーナメント」第二次予選、亜美真美との対決だ。

「風にたなびくボーボー胸毛!アニマル戦士ゲラリオン参上!」
なんて亜美真美好みな口上だ。お前らのオリジナルじゃないのか。

まぁ、それはそれとして、故意に敗北。
ルーレット外し続けても10%未満にはならず、途中で帰られる事も無いのね。
絵理、ゴメンな。これ以上お前と尾崎さんをラブラブチュッチュさせておくわけにはいかないんだ。

「止めるのは、私の仕事だったはずなのに…自分の希望を担当アイドルに背負わせて、全てを台無しにしてしまった!」
「こんな人間…プロデューサー失格よ…」

尾崎さんもゴメンよ。
だが、その事に気付いてくれて良かった。
もっと早くに気付いてくれていたらもっと良かったけど、

「成長したあなたにとって、もう私は、完全な足手まとい…」
と言うわけで、尾崎さんルート終了のお知らせ。
プロダクションでも連絡が取れないまま二週間経ち、社長からは契約解除と言う話まで上る。
絵理の強い要望で留保するが…。

「―それから待つ事、数ヶ月。」
帰りませんでしたとさ。

episode.9「片翼の天使」

そして半年後、サイネリアが付き人? お前何歳だよ。学校ダイジョウブなのか。

「センパイと一緒、センパイと一緒♪ ふふふんふん♪」
…なつき過ぎじゃね?

「アタシはただ、センパイと一緒に居たいだけデス」
私もだよー!がばっ!←ミンゴスの場合

アイドルの枠に囚われない仕事の広がりは望ましい事じゃないか?
見ようによっては、と言うか、目先の華やかさに惑わされずに一生モノの仕事を探すと言う意味では、尾崎さんルートより可能性に満ちた人生に思える。

「私、今…アイドルなのかな?」
「アイドルにしては、仕事の幅、広がり過ぎてる気がして…」
脱落なら兎も角として、勝ち抜けの場合には敢えての卒業宣言は必要無いからね。

「何でも出来るんだから、やらないと損です」
いい感じに絵理の事を支えられてるじゃん。この子になら絵理を任せられるかも。

第一週、流行はVi>Da>Voとなる。
お、楽曲変更出来るようになってるな。まぁ、今週はプリコグのままでいいんだけどね。

月曜日、「ドームライブ」コミュ。
サイネリアをステージに引っ張り上げる絵理。面白いからちょっと弄ってみるか。
絵理がサイネリアをプロデュース? それもいいね。
「今なら人の事も見れるから…」

火曜日、「小説出版記念イベント」コミュ。
ビジュアルデザイン方面だけじゃなく、文章も書くのか。多才だなぁ。

「この間も、読書感想文に『wwwwww』とか書くなって怒られましたし」
それ、400字詰め原稿用紙に書いたのか。字数稼げるじゃん。頭いいな、お前w
…ってか、やっぱサイネリアも学生じゃねぇか! 義務教育はちゃんと終わらせようね。

水曜日「花火大会」コミュ。
おお! 花火上がってる。まるで実写だ。隅田川かな?

「そろそろ…どうするか決めないとね」

「では、そのきっかけを、私に作らせてもらえませんか?」
い、五十嵐! てめぇ、どのツラ下げて…
あれ? あれはIU開幕レセプションじゃないだろ。まぁ、どっちでもいいけど、
尾崎さんの忘れ形見って重い言葉だな。どこまでも勝手な男だ。
まぁ、彼の言う通り、絵理は知らない方がいいとは思うが、

オーディションが解禁されたが、コミュが追加される事を期待してレッスン。
とりあえず、木曜、金曜、土曜とDaレッスンで、パーフェクト評価。
三日目にはカンストなコメント。

日曜日、愛のステージを見に行くと、まさかのテンションダウン。
プレゼントは「パステルマリン」。取得済み衣装はVoに偏ってる様な気もするが、被ってないアイテムは何でも嬉しい。

第二週、事務所前で愛に遭遇。
「わ、すごい元気!」ホントにどこ見て言ってんすか。
流行はVo>Vi>Daへと変わる。うん、Vo上げなきゃね。
楽曲は尾崎さんへの義理立てで「プリコグ」から変更する気になれない。
衣装はさっき得たばかりのVo衣装「パステルマリン」に、「ねこみみ」を付けた。
な!? こ、これは、かーなーり、可愛いぞ?

そんじゃ、コミュ湧かないので今週もレッスンしていきます。
月曜、火曜、水曜日とVoレッスンで、パーフェクト評価。
三日目にはカンストなコメント。

木曜、金曜、土曜とViレッスンで、ギリギリのパーフェクト評価およびグッド評価。
やっぱ、俺にとってViレッスンは他の二種とは段違いに難しいわ。
イメージレベルは上がって「Lv.12」→「Lv.13」

日曜日、涼のステージを見に行く。
プレゼントは無し。「そんなぁ…」(;_;)

第三週、事務所前で調子悪そうな涼に遭遇。もうちょっと待っててね。
流行はVo>Da>Vi、ま、あんま関係無いか。「天使の羽根」だけ外しておこう。

月曜日、カンスト確認のためViレッスン。パーフェクト評価。
火曜、水曜、木曜とVoレッスンでパーフェクト評価。
金曜、土曜とDaレッスンでパーフェクト評価。
イメージレベルは何故か上がって下がる「Lv.13」→「Lv.14」→「Lv.13」。
…全く意味が分からない。

日曜日、愛のステージを見に行く。
プレゼントはまたも無し。「そんなぁ…」(T-T)

第四週、事務所前で愛に遭遇。流行は…もういいや。
月曜、火曜はVoレッスン。水曜、木曜はDaレッスン。金曜、土曜にまたVoレッスン。
日曜日、涼のステージを見に行って、プレゼントは…「ダークゾディアック」! やった!
よし、もうオーディションでいいや。なんか無駄に時間使ってしまった。
追加コミュねーの? それとも、何か条件を満たしてない?

第五週、事務所前で愛に遭遇。
月曜日、「休み」。で、火曜日、「オーディション」。
これ、五十嵐局長によって押し込まれた年末の歌合戦のオーディションなんだけど、五十嵐さんってNHKの人?
それとも、フジテレビのお偉いさんがNHKの紅白のプロデューサーに口利きしたのか?

まぁ、それはそれとして、
「サイネリア…今日で全部、終わりにするから」
「尾崎さんがいなくなってからの…迷ってた時間、今日で終わり」
「勝っても負けても、このオーディション終わった時が、私達の新しいスタート」
思い出7個、初期状態70%から始まる。
尚、勝敗両方見たいのでオーディション前にセーブしてある。

勝利した場合

「歌ってて、こんなに楽しい気持ちになれたの…いつ以来だろう」
歌中心の活動に戻ると宣言する絵理。

それはそれとしてテレビ出演シーンだが、NHKホールで猫耳つけて歌う絵理、ディ・モールトかわいいぜ。

年が明け、新宿東口でタクシーに乗ろうとした絵理は尾崎さんに似た人を見掛ける。
「(声をかけようかどうしようか、一瞬迷った。けど…)」

今は芸能関係の仕事はしてないと言う尾崎さんに、絵理は、もう一度プロデューサーする気はあるかと問う。
「悪いけど、それはないと思う。私はもう、貴方が知ってる私じゃないの」
「そう…ごめんなさい」

尾崎さんの背中を見送り、絵理は呟く。
「…時が過ぎたんだね。」

ぶわっ (´;ω;`)
いや、仕方無い事だけどさ。切ないね。ちょっと胸に来た。

敗退した場合

「前みたいに集中出来なかった。歌に対する思いが薄れてるの、確かみたい」
「これで良かったと思ってる。お陰で気持ちの整理、ついたから」
そう言う絵理は、一点の曇りも無い、とてもいい笑顔。

そして少しの日が経ち、今度はプロデューサーとしてサイネリアと共にステージへ向かう。
「やる以上は、トップアイドル、目指そうね。私はなれなかったけど、サイネリアならなれるって信じてるから!」
「いってきます!プロデューサー!」

はい、サイネリアルートでした。
これはこれで、発展性のある素敵な結末じゃないか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.