DS:ストーリー「秋月涼」episode.4

ストーリー「秋月涼」episode.4「ドキドキ?キュートなライバル登場」

ライバルって、遂に噂の夢子さん登場ですか? それはドキドキだ。
冒頭、音楽番組「ステージアイズ」のオーディション説明を受ける涼。
これまでに参加したものより規模が大きく、一次審査はボーカルのみ、二次審査はダンスのみ、最終審査がステージパフォーマンスで総合力を見ると言う。
かなり変則的に聞こえるが、前二回の審査はコミュ扱いなのかな?
参加者100名で合格枠1名? …どーゆー音楽番組だよ。クラシックトーナメント以上の規模じゃね?
まなみさんに「駆け出しの子も多いから負けると恥ずかしいですよ」とプレッシャーをかけられる。あぁ、涼はもう駆け出しじゃないんだな。

「ひとりだけ、強力なライバルになりそうな子が…」
噂をすれば影。夢子さん登場!
あ…れ? 絵理に宣戦布告しに来た時と全然態度ちゃうやん!
この子、どーゆー基準で猫被るんだろう?

「この子、腰は低いけど、僕より格上なんじゃ…」
そんな気はする。油断させて近付いて、弱点を研究する算段だろうか?
いきなりメルアド交換。

第一週、流行はVo>Vi>Daとなった。下二つの入れ替わりならまだ変更無しでいいな。
社長の何気ない言葉に「どうせ僕は器用貧乏…」といじける涼。弄られキャラめ。

月曜日、いきなり夢子さんからメールが来ていた。
え? 第一次審査の会場が変更になった?
そんな重要な事が連絡が事務所経由で来ないわけ無いだろ。
うわっ、夢子さん全然手段選ばないのね。えげつないっつーか、怖いなー!……だが、そこがいい。
涼はあっさり信じてるようだ。まぁ、そうやって虐げられるキャラだから仕方無いね。

と言うわけで、「オーディション第1次審査」コミュ。
ちゃんと冒頭の場所表示も「オーディション会場?」になってる。
夢子さんの送ってくれた地図に従うと、神社に辿り着いてしまった。
まなみさんから電話が掛かってきて、慌てて会場へ。
「遅刻ですか? 感心しませんね」
「すみません…」
当然、夢子さんは先に来ている。

第一次審査が終了し、出来はイマイチだったと感じている涼。
トップ通過は夢子さん。涼は今回の合格者の中では最下位だった。危ねー!
「私…なにか勘違いしてたみたいで…」と、しれっと謝る夢子さん。
どうこう言っても仕方あるまい。ここは夢子さんの茶番劇に付き合おう。

火曜日、spamメール殺到。…噴いた。何と言う地道な嫌がらせ。
「最近こういうメール多いな。法律で禁止すればいいのに」
いや、一応禁止されてるんですよ。検挙しないだけで、

と言うわけで、「オーディション第2次審査」コミュ。
今日はどんな妨害を仕掛けてくるのか…。
先に審査を終えた夢子さん、涼に「気付いた事がある」と話し掛けて来た。
「ここの床、すごく滑りやすいみたいで…」
「だから、シューズにこれ、塗っておいた方がいいと思います。滑り止めです」
……そこまでするか。
いや、絶句したわ。それは致命的だろ。

案の定、「滑り止め」の効果で滑りまくる涼。止むを得ず、途中で靴を脱ぐ破目に。
「ターンとかは上手く出来ないけど…無難にまとめるしか!」

審査終了、前回同様にトップ通過の夢子さんと、ギリギリ最下位通過の涼。
その一瞬に夢子さんが見せた表情は…。

「夢子ちゃん、待って!」
「…なに?」
態度違うー!
「その…説明してくれる?」

「ここも勝ち上がっちゃうなんて、以外にしぶとい…」
「…まさか!」
「決まってるでしょ、わざと転ばせようとしたの」
なんて挑発的な表情! ……これはこれで、

「この世界、油断する方が悪いの。いつだって真剣勝負なんだから」

水曜日、「ミーティング2」コミュ。
夢子さんの事について社長に相談する涼。
「かなりクセのある子らしいわね。過去にもたくさん、そう言う行為、積み重ねてきたみたい」
「大きな問題にはならないよう、巧みに相手を追い込むのが手口みたい」

夢子を説得したいと言う涼に、社長は「深く関わらない方がいい」と言う。
まぁ、社長の言う通りだが、涼の気持ちの問題だからな。言うべき事は言っとかないと、

まっすぐさん! 涼に力を貸してくれ!(違

木曜日、「夢子を説得」コミュ。はてさて、そう簡単に行くかどうか…。
「自分はトレーニングもせず、のこのこ説教しに来たわけ?」
「私はね…勝ちたいの。どんなことをしても。だから、攻めも守りも手を抜かない」
「小さい頃からの夢だから。かなえるためなら、何でもする」
くかかかかっ! 良かろう小娘。その夢、この女装アイドルが打ち砕いてくれるわ!

「言いなさい」
「…言わない」
「言って」
「ダメ」
「言え」
「いやっ」
「なんでよっ」

「例えちっちゃな夢でも、ズルする夢子ちゃんには負けたくない!」
「ズルはズルでも、私のは正しいズルよ!」
それはない。

ふむ、やはり、オーディションで徹底的に叩きのめすしかない様だな。

金曜日、オーディション解禁。Daレッスンでパーフェクト評価。
土曜日、Daレッスンで美希に会う。パーフェクト評価で「relations3」パネルを貰う。
興味無いとか言いつつ後輩のレッスンに付き合ってくれる美希はいい子だ。
早くもカンストコメントが出ている。

日曜日、愛のステージを見に行く。元気いっぱいのいい胡麻和え。
プレゼントは「天使の羽根」。残念、被りです。

第二週、事務所前で愛に会う。
流行はDa>Vo>Viと変動。楽曲を「relations」、衣装は「インディゴスパングル」にする。
衣装合わせの画面で踊る涼、可愛過ぎ。お前本当は女装も気に入ってるだろ?
流行適合。

月曜日、Daレッスンで「亜美、参上~♪」。パーフェクト評価で「ポジティブ!3」パネルを貰う。
火曜日、Viレッスンで伊織に会う。×BADがひとつ出てギリギリのグッド評価。「Here we go!!3」パネルを貰う。
水曜日、Daレッスンでパーフェクト評価。
木曜日、Viレッスンでギリギリのパーフェクト評価。
金曜日、Viレッスンで春香さんに会う。グッド評価で「私はアイドル3」パネルを貰う。こっちもカンストコメント。

土曜日、「アイドル運動会」コミュ。
トレーニングウェアに着替えようとするも、更衣室は混雑中。どうする?
見ると、絵理も更衣室に入れずにいる。
「知らない人と一緒に着替えるの、その…恥ずかしい…」
話を合わせておこう。
やがて更衣室が空いたが、絵理と一緒に着替えるわけには…

日曜日、絵理のステージを見に行く。
絵理の「キラメキラリ」かわい過ぎだろ。だが、衣装が合ってないな。
テンションダウン、その上、プレゼント無し。

第四週、事務所前で絵理に会う。
流行はVi>Da>Voに変動。昨日の絵理に影響されて、楽曲は「キラメキラリ」、衣装は「サニーサイドオブザムーン」。

月曜日、「休む」。が、新しい営業は湧かない。
火曜日、Voレッスンで律子姉ちゃんに会う。パーフェクト評価で「魔法をかけて!!3」パネルを貰う。
水曜日、「休む」。が、やっぱり新しい営業は湧かない。
木曜日、Voレッスンで伊織に会うが、断って一人でレッスン。パーフェクト評価。
金曜日、Voレッスンで雪歩に会う。パーフェクト評価で「shiny smile3」パネルを貰う。これで全種カンストコメントかな。
土曜日、Voレッスンで亜美に会うが、断って一人でレッスン。パーフェクト評価。

日曜日、愛のステージを見に行く。
プレゼントは無し。2週連続で外れって…。orz

第五週、事務所前で愛に会う。
流行は変わらずVi>Da>Voだったので、熊セットだけ付けて流行適合。
イメージレベルは上がって「Lv.6」→「Lv.7」に。

月曜日、「ロックソング収録」コミュが湧いていた。
ディレクターに「パンチが足りねぇ」「ナヨナヨ歌う歌じゃねーんだよ!」と叱られる。
「根性見せてみろ!男だろ!」
…いや、まぁ、そうだけど。

火曜日、夢子さんに世間の厳しさを教えてやるべく、オーディションへ。
「今日は…今日だけは、絶対に負けられないぞ~」

のど飴を差し出す夢子。このアマ、性懲りも無く…。(–;
だが、涼は取り乱す事も無く切り返す。
「じゃあ、舐めてみて」

「あなたなんか、また下のランクに叩き落としてあげる!」
「そうはいかないよ。小細工なんかしなくても、勝てるって事、示してみせる!」

思い出15個、初期状態90%でスタート。5回まわして、1回外すも90%で合格。
「私が、こんな子に遅れをとるなんて!」
「来ないで!あなたみたいな人間に、同情なんかされたくない!」

「夢子ちゃんの言う通りだよね。私、どこかで半端なところ、あったと思う。」
「こうして同じステージに立ってみて、やっとそれに気付けたかも」
それはそれとして、涼のキラメキラリがかわい過ぎ。熊セットもバッチリ似合うぜ。

事務所に戻った涼。
「僕、今まで受け身でしたよね」
「降りかかってくるもの、払い除けるだけで、いっぱいいっぱいで…」
夢子さんの形振り構わぬ必死さに学ぶところがあったようです。

後日、テレビ局で夢子さんとばったり出くわす。
「その…元気?」
「元気に決まってるでしょ。あなたはどうなのよ」
夢子さんツンデレか。

「私、あなたみたいに甘い人、大嫌い!」
ですってよ。ニヤニヤが止まりません。夢子さんかわいい!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.