DS:ストーリー「秋月涼」episode.3

ストーリー「秋月涼」episode.3「小さな騎士様」

愛で同名のエピソードをプレイした時には、涼が愛に執拗に追い回されて散々な目に遭う話だったが、まさかあの展開では涼のストーリーとして成立しないだろう。どうなるのかな?

高校の帰り際、校門のところにアイドルの追っかけが出没していると言う話を聞く。
「うわー、あの人か。いかにもな感じだなぁ」
…どんな感じなんだろう? まさか法被は着てないだろうし、

「…なんだ、男か」
この台詞だけで仲間内では大爆笑なんだが、完全に内輪ネタなのでやめとく。

「涼だって、まんざらでもないでしょ?」
また社長の言葉なぶりが始まったぜ。

次のオーディションでランクDにアップするわけだが、不合格でもランクアップするかも的な事を言われる。
これは今回の勝敗ではシナリオ分岐は無く、自動的にランクDなるって事なのかな?

「誰かに相談してみようかな?」
と言ったところでまなみさんと愛が登場。愛、例によって声でけぇ。
そして、デジャヴュな展開。
「涼さんの学校の近くの駅まで迎えに行きますから」
「えええっ、学校の近くまでって、ちょっ…!」

…あれ? そんだけ?
まなみさん何も介入してくれないの?
今なら分かる。まなみさん、あんた実は涼の窮地を楽しんでるだろ。(–;

第一週、流行はVi>Vo>Daとなる。
楽曲は「GO MY WAY!!」で、衣装は「サニーサイドオブザムーン」に「天使の羽根」や「ひまわりの一輪挿し」「ひまわりの腕輪」を付ける。
流行適合。

月曜日、必須ではないコミュも湧いていた。「雑誌取材」コミュを先に消化しておくか。
取材の事前にアンケートに記入する涼と絵理。
最初の質問は「尊敬するアイドルは誰ですか?」
絵理の答え「…見つかったら、書きます」
涼の答えは三択。まぁ、師匠の名前を挙げとくのが無難でしょう。「菊地真」っと…。

で、最後の質問、「自分にキャッチフレーズをつけるとしたら?」。
これは難しいな。ちなみに絵理の答えは公式と同じ。それ、自分でつけたのか。
「ネットで何かやってるの?」「…ちょっと」

涼の答えは再び三択だが、流石に公式のアレは選択肢にない。自分で考えろ、と。これは困った。
「脱ぐとスゴイ」はどう考えても地雷だよなぁ。あってるけどさぁ。
うーん、うーん、我慢して無難な「ハニカミアイドル!」にしておく。
「うわっ、改めて字で書くと、凄く恥ずかしいな…」
文句あんのかよ! じゃあ脱げよ!

場面変わって社長登場。
「涼、あなたのアンケート読んだわ」
その一言だけで、これから一体どんな言葉嬲りが展開されるのかと…。
「キャッチフレーズ、なかなか良かったじゃない」
被害妄想でした。

火曜日、本筋(必須コミュ)に戻って「ある日の風景1」コミュ。
再び高校の帰り際、校門の前で追っかけの目に警戒してキョロキョロしていると、愛にマークされてしまう。
「うわっ、愛ちゃん?」
「なんであたしの名前知ってるんですか?」
なんか初っ端から喧嘩腰だし、自分がアイドルだと言う認識もないし、

「キョロキョロ周りを見渡して…、怪しい」
返す言葉もございません。
「ヌレギヌ?と言う事は…やっぱり犯人だって言う事ですね!?」
えっ? な、なぜそうなる…。ヤヴェ、しばし爆笑してしまった。
「どうしてそうなるの~?」

愛のストーリーの時とは違って校舎へ逃げ込む涼。
愛は構わず校舎の中まで追って来るため、涼は機転を利かせていつもの女装。
同級生に見られたら御仕舞いだよね? 何と言うリスキーな事を…。
事務所でいじめられ過ぎて、破滅願望にでも囚われたか?
とりあえず愛は上の階へと追い払う。すると、入れ違いで同級生達が…。

どうにか、「愛ちゃんにボコボコにされずに済んだ」ようです。
不憫だ…。

水曜日、まなみさんからメールが入っていた。
追っかけの子の連絡先を押さえたので、いっそ直接話して解決を図らないか、と。
事務所が何とかしろよと思わないでもないが、某Jでも男性アイドルが男性の追っかけと直接会って云々と言う話があったな。
と言うわけで、「ファンを説得」コミュ。
まなみさん立会いの下で話をする。路上で、ってのは安全を考えてなんだろうか?
し、ししかばぶ…いかんいかん。地雷はダメだ。見えてる地雷は、

「ま、待って、興奮しないで!」
怖っ、俺ら怖ぇな。(違う)

「はふー、疲れたー」
事務所で、モノローグ以外で男性モードの声出してるのって珍しいね。
涼も苦労しているようだが、俺だって見えてる地雷を踏まない様に必死だったんだぜ。
あの踏みたい地雷は何とかして欲しい。

木曜日、「ある日の風景2」コミュ。
事務所前から始まる…と、言う事は、愛の時と同じ様に…。
「あああっ、あなたは、涼さんを追い回してた人!!」
…やっぱり。orz
愛、追い回してるのはお前だ。

「諦めるどころか、遂にこんなところにまで?」
お台場まで逃げた挙句に海に飛び込まなければならないかと思うと気が重い。

「生き別れの弟」と嘘を吐いて切り抜ける事が出来た。
かろうじて海を泳ぐ事態は間逃れたものの、かなり疲労困憊しているようには見える。

「あぁ、つきたくないのに、嘘が増えていくよぉ…」
今思ったんだけどさぁ。
涼も絵理と同じで、TrueEndがベストじゃないパターンじゃね?
涼にとって一番良いのはこの事態を終了させる事であるのに対し、全勝エンドってこのままアイドル続けるでしょ?
まぁ、今考えても仕方ないんだけど、

金曜日、オーディションが解禁になっている。
まぁ、それはそれとして、レッスンしなきゃね。
VoレッスンでオールAのパーフェクト評価。
これまでの傾向から亜美との遭遇が期待されたが、会えず。

土曜日、Viレッスンで律子姉ちゃんに会った。
ギリギリのパーフェクト評価で「律子日常1」パネルを貰う。

日曜日、絵理のステージを見に行く。絵理の「”HELLO!!”」かわいいなぁ…。
プレゼントは「ファンレター」。…テンションMAXなのに、

第二週、事務所前で絵理に会―「ひぅっ!」え? いきなり? 何の御褒美ですか?
なるほど、絵理は調子悪いのね。愛の時には見なかった反応だ。
流行はVo>Vi>Daに変わった。
社長はレッスンはもう十分と言うが、パネル回収しないと進めないよ。
楽曲は「”HELLO!!”」で、衣装は「パステルマリン」に「天使の羽根」等を付ける。
流行適合。

月曜日、Viレッスンでパーフェクト評価。
誰にも会えず、カンストコメントが出ていた。

火曜日、Daレッスンでパーフェクト評価。
やはり誰にも会えず。イメージレベルは「Lv.5」→「Lv.6」とアップ。

水曜日、Daレッスンで律子姉ちゃんに会う。むむっ? これは絵理の時とパターン違うな。
まぁ、それは兎も角、二回目なのでお断りしますよ。皮肉言われた。あと、カンストコメントも。
仕方ないだろ。あと5人からパネル貰わなきゃいけないんだから!

木曜日、Voレッスンで伊織に会う。素直に嬉しいぜ。
パーフェクト評価で「伊織日常1」パネルを貰う。
いおりんの反応MAJIかわいい。

金曜日、Voレッスンで雪歩に会う。あぁ、やっとこれで配置パターンが見えた。
パーフェクト評価で「雪歩日常1」パネルを貰う。あと、カンストコメントが出ていた。

土曜日、Voレッスンでパーフェクト評価。誰にも会えず。

日曜日、愛のステージを見に行く。これはかわいい「キラメキラリ」ですね。
プレゼントは無し。orz

第三週、事務所前で元気いっぱいの愛に会う。
流行はVo>Da>Viと下が入れ替わった形。うーん、羽根を外すか?
「どら鈴」に替えて流行適合。

月曜日、Viレッスンで美希に会う。うん、予想通り。あと二人か。
グッド評価で「美希日常1」パネルを貰う。

火曜日、営業も湧かないので「休み」。

水曜日、Viレッスンで亜美に会う。
パーフェクト評価で「亜美・真美日常1」パネルを貰う。
亜美に「おねーちゃん」って呼ばれる度に微妙な気持ちになるね。

木曜日、Daレッスンで春香さんに会う。これで全員だ。
パーフェクト評価で「春香日常1」パネルを貰う。

金曜日、あ、営業湧いてる。「TVCM」コミュ。
墓石のCMのお仕事。テスト撮影をして先方のOKが出れば出演できると言う。
流石に墓石と聞いて「得意です!」とは返せないだろう。
墓石に向かって「おじいちゃん…」と話しかけるのだが、選択肢は
「すぐ会いに行くから」「トドメ刺しに来たよ」「元気だった?」
…帰っていいですか?

土曜日、もう何も出ないだろうからオーディションへ。
昨日のコミュがノーマルだったので、自然減少によりテンションはあまり高くない。
オーディション会場には愛も来ていた。
「応援と、それから、報告に!」
…いらない。
「実はあの人、涼さんの弟さんだったんです!」
………。
「口じゃとても言えない様な事を、毎日させられてて…」
石川社長の調教により恥辱にまみれている、なんて言えやしないよ。

ゴメン。選択肢、わざと外した。
失言により追い詰められ、テンションダウン。
「ふー、冷や汗かいた~。何とんでもない事言ってるんだ、僕…」
ホント、ゴメン。

思い出は14個、5回まわして90%維持で合格した。
あれ? 涼のソロの”HELLO!!”を聞くのは始めてかも。
「DREAM SYMPHONY 02」が楽しみだね。

無事、ランクDになりました。
「あたし、少しは涼さんの役に立てましたか?」
…愛ちゃん、何とも答え難い事を訊くね。
「いつか僕も、誰かを立派にエスコート出来る、強い子にならないと!」
頑張れ! いつの日か社長の毒牙から逃れられる事を祈ってるぜ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.