DS:ストーリー「秋月涼」episode.5

ストーリー「秋月涼」episode.5「南の島♪バカンス」

みんなで旅行?
おいおい、そこは安易に喜んでいいのか。しかも、キャンプって!
「なるほど~、みんなでキャンプですかぁ。って、えええっ、キャンプ~?」

「まぁ、普段からいつも一緒にいるわけだし、特に問題無いわよね」
普段から常々問題大有りだと思っていたのですが…。
「どんな問題が?」
「そ、それは…」
皆の前で言えるわけもなく、
「(社長、僕が男の子だってこと、もしかして忘れてるの?)」
いや、遊ばれてるんだろ。と言うか、これは順当に考えると、この旅行で社長による涼の調教は遂に最終段階を迎えると言う事ではないのか。

そして、一気に現地。尾崎さんまで同行してんのか。
「(見渡す限り、女の人ばっかりだよぉ)」
「僕、男の子なのに、みんなと寝泊まりなんてしていいんですか?」
「男の子? ああ、そう言えばそうだったわね。忘れてた」
この程度の言葉イジメはもう慣れっこですよね~。
「まぁ、涼に限って変な心配は無用でしょ」
等と挑発しておいて、涼が思い余って逆襲を試みると、返り討ちにあった上に弱みを握られる、と言うシナリオが脳内で(以下略)

「上手く隠しきって、楽しい旅行にしてみせる!」
そうやって涼が孤軍奮闘する様を、影でまなみさんがニヤニヤ観察し、ちょいちょい邪魔するんですね。

いかん、さっきからエロ漫画紛いな妄想が止まらない。

第一週、流行はVo>Da>Vi…って、ここでオーディションとかってあんの?
楽曲は「shiny smile」、衣装は「チェリーギンガム」で旅行適合。

月曜日、「テントでむんむん」コミュ。いやもうコミュ名からして…。
「こ、この空間は…」
同年代の少女2人+大人の女性3人を見渡して、
「思った通り、むんむんの花園だよぉ~」

ずっとパットを外せなくて居心地の悪く感じてると、絵理に見咎められる。
更に、胸元に蚊がとまったために愛に叩かれて、一瞬バレたかと…。

火曜日、必須コミュ以外に二つも湧いたので、それを先に消化する。
まずは「○○がない!」コミュ。
涼、胸パット紛失。愛が持って出たとの目撃証言。
「ぎゃおおおおおん、あ、あれは~~!」
フリスビーにされる胸パット。愛はパットを知らないらしい。
「二つあるから、一個ください!」
無理のある言い訳をしていたら、話してる最中に涼が噴いた。

水曜日、また必須ではないコミュが補充されてる。まぁ、レッスンして出すのは不自然だからかな。
で、次は「山歩き」コミュ。
山中を歩いていると、木の根に躓き足を捻る絵理。
涼、男を見せる時だぞ! 絵理を背負って山を降りる涼
こ、この背中に当たる感触は…。これは満喫せざるを得ない。

木曜日、「スイカ割り」コミュ。
割る前にスイカにかじりつこうとする愛。…親の顔が見たい。
目隠しして、二人の指示に従って進む涼。最初は愛が「ガバッと右」、暫くして今度は絵理が「35度左」。性格出てるなぁ。

金曜日、「ビーチでスモウ」コミュ。…相変わらずコミュ名から不穏過ぎる。
「えええっ、相撲? なんでまた…」
「スキンシップです!」
羨まし…ゲフンゲフン、けしからん!

「犯罪だ…。犯罪だよぉ」
まったくだ。如何に接触せずに勝てるかが課題となる。

初戦は絵理と対戦。…涼、お前ちょっと替われ。
二戦目は愛と対戦。そう言えば、前にも愛の突進を頭を押さえて止めたな。
と、思ったが、これは失敗。何やら不可思議な技でもって逆に倒されてしまった。
まぁ、性的な問題には至らなかったので上出来ではないか。

土曜日、「ドキドキ温泉!」コミュ。ぎゃおおおおおん、もっと不穏だ~!
緊張のあまり声が裏返り気味な涼。お前にはこれ以上は無理だ。いいから俺と替われ!
冷や汗タラタラの涼に構わず、愛が更にでんじゃらすな提案。

お、お客様の中に、コンピュータエンターテインメントレーティング機構の方はいらっしゃいませんか?
「絵理さーん、手どけて見せてくださいよーっ」
「そこまでは…いや…」
涼、刺激が強過ぎて気絶。(それでもバレないのが凄い)

日曜日、えーっと、どーゆー事になるのかと思ったら、何もありませんでしたよ?
家に帰ってないのでプレゼントなども無く、そのまま月曜になりました。

第二週、緊張のあまり眠れなかった涼。
社長は律儀にも、海辺で月曜定例ミーティング。
流行はVi>Da>Voに変わったので、楽曲を「GO MY WAY!!」に、衣装は「サニーサイドオブザムーン」にした。
社長が近場にレッスンスタジオを手配済みだと言うので、折角だから金曜まではレッスンしよう。
エピソード進むにつれてレッスン効率も上がり、Bが二つあってもゲージ振り切る。

月曜日、Daレッスンでパーフェクト評価。
火曜日、Daレッスンでパーフェクト評価。
水曜日、Voレッスンでパーフェクト評価。
木曜日、Viレッスンでパーフェクト評価。
金曜日、Viレッスンでグッド評価。お手付きしまくり。orz

土曜日、もう休暇は十分でしょ。「オーディション」へ。…オーディション?
「楽しかった旅行も、今日で最後かぁ」
愛と絵理と過ごした事で、自分が男である事を改めて意識させられた涼。
「(女の子と触れ合って、あんなにドキドキしたんだから…ノーマルって事だよね?)」
なるほど、駄菓子菓子、それすら社長の涼調教計画の内なのだとしたら…。(フランス書院脳)
絵理に「いつもと違った顔」と言われ焦る涼。

ここで尾崎さんから提案。
「休養明けのウォーミングアップを兼ねて、ここで力比べをしてみない?」
と言うわけで、三人で勝負する事に。
「たまにはスポットライトじゃなく、星明りに照らされて歌うのもいいんじゃない?」
なるほど、ここで例の新ステージが出てくるわけか。

思い出14個、初期状態90%で始まり、5回まわして90%維持で勝利。
それはいいんだけど、その審査員どこから連れてきたんだ。
いつの間にか、周囲には観客が。そこでステージシーン。
すげー、胡麻和えの冒頭の「3,2,1,Go!」に合わせて花火上がった!
これ、打ち上げだと実際にやるのはタイミング合わせ難しいだろうな。

「あなたの活躍、キャンプファイヤーの火で焼いたバーベキューかじりつつ見ていたわ」
あんた酔ってるだろ。火は分けた方がいいと思います。
そして、何故かこのタイミングでランク報告。ランクCになりました。

「そろそろ本気で、自分の星、つかみにいけるかな」
BGMがいいね。
「後少しだ。後少しで、きっと、社長もカミングアウトするの、認めてくれるよね」
…どうかなぁ? これまで女子更衣室や女子トイレ使わせてた事の責任を問われるから、事務所としてはカミングアウトと言う形は認められないんじゃない?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.