2:「如月千早・我那覇響・天海春香」活動第21週~

昼まで寝てました。
週明けからアイモバエリアゲーム再開するようですね。

追記:検索ワードより

アイステ放送後から「川崎まいにゃん コロムビア」検索からの流入があるようです。
参考までにマイにゃん登場エントリをピックアップ!

活動第21週

冬服になりました。
相変わらず3人で「私はアイドル♥」を口ずさんでます。
もはやこの状態が標準であるようにまで思える。

そはそれとして、固定イベント週です。
中央エリアのフェス「FUJISAN ROCK」で竜宮小町と対決しなければならない。
衣装はお守り以外変更無し、楽曲変更もポジション変更も不要だ。
前回と同じステージ前のやり取りもスキップし…ない。
「兄ちゃん…。リビングが燃えてるんだね!?」
何故火事?

まぁ、ノーボムで圧勝なんですけどね。
つーか、竜宮小町もノーボムじゃん。いきなりボム2連→BAを2セット決めた最初のフェスとはまるで別人だよな。
「ううん、無理ね。私はずっと、千早の才能を複数人数のユニットで活かす自信が、持てなかったんだから…」
勝利後のりっちゃんの評価って全員分それぞれにあるんでしょうか?
「プロデューサー? それは、私の扱いに苦労している、と言う事ですか?」
千早の扱いに苦労しないプロデューサーが居るなら弟子入りしたいぜ。
りっちゃんにからかわれて恥らうちぃちゃんMAJIかわいいっす。

「ハッ。団結、ねぇ…。寝言は寝てから言えってんだよ、まったく」
冬馬きゅんキター!
「私達のどこがおめでたいって言うのよ?」
そう言えばりっちゃんの頭、伊勢海老みたいでなんかおめでたいですよね。

ところで、我々はいつ新曲を出せるんでしょうね?

終業後に、千早から電話が。
「明日のオフですが、もしよければ、今後の仕事について打ち合わせをしませんか?」
わーい、これっぽっちもオフじゃねぇw
明朝、事務所に向かう途中にまた千早から電話。咳込んでいる。
風邪? いやいや、伏線あったんだし、そんなシンプルな話じゃないだろ。

…千早の部屋、殺風景やなぁ。
「ど…、どうですか?」
…ど、そうしようもないです。重症です。即刻入院が必要です。
「弟が、いたのですけど…、9年前に、事故で他界しました」
いきなり来たー!
「私の、両親です。…弟を失った痛みに耐えられなくて、長い間傷つけ合った末に、離婚しました」
千早の寂しい笑顔に、胸が張り裂けそうになる。

馴染みの病院へ行き、数日で回復したとの事だけど…

活動第22週

ほい、やっと新曲打診きた。
拒否すると翌週・翌々週は打診が来ないと言う理解でOK?
んじゃ、3rd「shiny smile」、行ってみようか!
「『shiny smile』…これだ! こういう歌を、自分はずっと歌いたいって思ってたんだっ!」
そうだよ! 響、君の持ち歌だよ!

今回の楽曲では、今週とリリース週に全国オーディションを入れたい。その間はまた別のステージを入れる。
とりあえず今日は、西エリアは岡山で難易度5のAUDITION「BANG BANG!!」を。
衣装はキャンディレディにうさセットで行こう。
ってか、この衣装も千早はパッド…あ、いや、何でもない。

よし、ちゃんと打てた。(と言ってもフルチェーンじゃないけどね)
あと、安宅記者が付きました。お久し振り。

3人とも新曲に肯定的で嬉しいなぁ。

活動第23週

遂にユニットステータスは7色に輝く「かしましい」へ到達しました。これで勝つる!
「どんなハードな仕事でも、今ならば!」

じゃあ、資金営業行っときますか。
北東エリアは福島にて、PUBLICITY「挨拶回りのお仕事」、そして「ダンスレッスン」。
2人とも千早に懐いてて結構な事だ。

東北エリア入りすると黒井社長に遭遇。あるぇ? これも固定イベントなんです?
「君らのようなしけた事務所のユニットは、足を棒にするしか策が無いのだろうね。はーっははは!」
相変わらず愉快な人である。一度ぐらいは彼の下で働いてみたいものだ。

んじゃ、初めてのお仕事なので、千早さんお願いします。
「挨拶だけと言うのは、逆に緊張しますね…。目の前で歌わせてもらう方が、よほど気が楽です」
え? 何だって? ゴメン、その頭についてる糸くずが気になって聴いてなかった。
「こう言う事なら任せてくれ。千早達を見てる時間なら、たぶん俺が世界一だからな」
なんつー恥ずかしい事を言うのか、と思ったが、よく考えたらこれぐらいは日常的に言ってた。

続いてのダンスレッスン、最初からスピード早くて噴きそうになった。
1ミスしたが、ミスによるタイムロスが少ないのもダンスレッスンの特徴。ボーナス付きパーフェクトでLv13へ。

ランキングは先週まで21位をキープしていた「Little Match Girl」が遂に28位までダウン。
まぁ、仕方ないね。

終業前コミュ。
「私達の演技をどれだけ見破れるか、少し試させて下さい」
んん? この周回においては初めてだな。妹春香登場! 簡単過ぎるw

活動第24週

今日もみんないい笑顔です。
来週がリリース週だから、全国的に関心度を上げておきたいね。
ちょっと冒険してみよう。愛知で難易度8の全国オーディション「ミュージックタイム」だ。
現状のイメージレベル(Lv13)なら十分に通用する…と、思うけど、
衣装はビヨンドザスターズにうさセットにしてみた。千早かわいい!

100組参加、合格1枠のオーディションだったが、スコア更新で余裕のクリア。
で、関心度はと言うと…おぉっ、思ったよりいい結果だぞ。
北東エリアと中央エリアで赤、それ以外のエリアも黄色になってる。
青まで下がってるエリアが多かったから1回の全国オデでは足りないかと思ったが、杞憂だったなぁ。
もしかして、関心度上昇にも安宅記者のブーストが及んでいるのだろうか?

終業前コミュは先週に引き続き、声当てコミュ。
はいはい、ロリンゴス、ロリンゴスw

活動第25週

はい、3rd「shiny smile」リリース週です。
案の定、先週のオデで関心度を黄色まで上げたエリアは緑に下がってる。やはり足りなかったのだ。
しかし、何と言う事でしょう。今週は全国オーディション湧いてなくってよ?
うーん、仕方が無い。資金営業でファン数稼ぎますかね。
上方エリアは兵庫でPUBLICITY「挨拶回りのお仕事」、そして「ダンスレッスン」。

「挨拶回りのお仕事」は響にお願いしようかね。
「えっと、まずは上で、そこから地下で、赤い髪のおばさんの横を通って行って…」
馬鹿の子だとは思ってましたが、まさかここまでとは、
「あ~、もう! 全然わかんないぞ! 誰がこんなにたくさん作ったんだよーっ!?」
…え? 建物とか道を?
「決まってるでしょ、電車の話! 電車って、普段乗らないからワケわかんないぞ」
はいはい、沖縄ネタ沖縄ネタ、赤い髪のおばさんは関係無いだろう。
「案内見ながらでも迷うし。あー、もう、考えるのやめたっ! 走っていこう、うん、それがいい」
考えるのやめんな。orz
響には留守番させて、春香さんを連れてくれば良かった。
「それじゃ、もし逆の電車に乗っても、地球は丸いんだから必ずゴールに着くよねっ!?」
…甘やかすんじゃなかった。orz

続いてのダンスレッスン、やっぱりスピード早ぇ!
今度は2ミスしたが、辛うじてボーナス付きパーフェクト。

事務所に戻ると溜息の律子Pが、
「あ。ははは…。実は、ちょっと、仕事で失敗しちゃって…」
と言う訳で、竜宮小町が冬馬に凹られた件。そうだ、32週目が対決だ。
引き分け固定とは言え、今度はもうちょっとマトモに戦いたいなぁ。

と言う訳で、冬馬きゅんソロの「Alice or Guilty」がランクイン。
MAJIカッコイイ、このPV保存できたらいいのに。ってか、S4Uで(以下略)

安宅記者の密着取材が終了しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.