累計7つめ(←カウントは未完成品含む)となるPヘッド製作が佳境に入っている件

これまでのあらすじ。
先々週末(2月8,9日)の製作作業において、ver.4s.02と定義していた軟式試作弐號(←中二的表記)に幾つかの設計ミスが見つかり、リテイク不可避となりました。
慌てて素材の追加購入に走るも、頼みの綱の東急ハンズで主素材のポリエチレンフォームが品切れ。
取り寄せに1週間掛かると言われて「ギリギリ間に合う」と言う判断で発注したものの、14日になって「やっぱり2週間掛かる」と連絡が入り、心が折れましたとさ。

手元の使えるヘッドとしては、劇場版公開初日のバルト9で使用した硬式(ver.4h.01)もあるので、軟式(ver.4s)は諦めようかと思いましたが、未練が残り、軟式試作壱號(ver.4s.01)を分解して素材流用できないかな?と考えたのが先週末(2月15,16日)。
ただし、この先週末の土日は新宿バルト9と豊洲ユナイテッドシネマの舞台挨拶に行ったりして作業の進捗は悪く、分解したところまででした。

軟式試作参號(ver.4s.03)

で、今週の月曜日。
風呂に入っていたら、新たな思い付きが降って湧いたわけです。
この時は入浴しながら「TRYangle harmony」を聞くつもりでスマートフォンを持ち込んでいたのですが、思考キャパは専ら新アイデアの構築に費やされ、ラジオ番組のトークの半分ぐらいしか頭に入ってきませんでした。

翌日(火曜日)の仕事帰りに東急ハンズに寄り、必要な素材を購入。
展開図を書いてフレームとなるパーツを素材から切り出し、メンディングテープで仮組。
更に、これまでに使っていなかったものを含む3種類の素材を利用する事になるため、端材で接着試験。
「素材A-素材B、素材A-素材C、素材B-素材C」の3つの組み合わせを、接着剤と両面テープそれぞれで確認。
(結論としては、接着剤使用時に1つの組み合わせで上手く接着できない事を確認したが、他の組み合わせでは問題なし。)

更に翌日(水曜日)、接着剤を用いて想定工程の4割まで組み立てる。
残された時間はあと2夜。果たして間に合うのか?

金曜日にも有給休暇を取れば良かったなぁ。

東急ハンズ新宿店6Fにて…

設計と素材購入の順序が逆になってしまったため、頭の中で製作の段取りを組み立てながら素材を物色していたのですが、そうやって整理する内に、今抱えているこのアイデアが色々な人の影響を受けた結果として生じたものだと言う事に気付いて、思わず噴き出してしまいました。
そもそも、今回「軟式」でやってみたいと思ったのはブラックホールP(Pヘッダー)の影響ですし、仕上がりイメージは中央千板P(Pヘッダー、痛車オーナー)の影響が強い。製作工程イメージは先日コメントをくださった方の影響があります。他にも細かな事を言い出すと限が無く…

こんな事を書いて、イメージ通りの仕上がりにならなかったり、間に合わなかったりしたらすごく恥ずかしいのですけど、俺が「SSAの5日前」になっても新しいPヘッド作成の意欲とアイデアを懐けるのは、皆さんのお陰であると感謝の念を捧げたい。

お詫び

そんなわけで、今回は物販の集計フォームは作成しません。
時間がねーのです。御了承下さい。

2週間前に情報が出ていたら手を付けていたと思うんだけどね。
今回は遅過ぎた。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.