THE IDOLM@STER STATION!!! 第98回

ぬーぬー「網タイツ…ふふふふふ」(まさに「ぐふふ」のニュアンス)
はらみー「ナース…ふふふふん♪」
あずみん「2人とも言いたい事あるならハッキリ言葉にした方がいいと思うよ」

と言う訳で、先週の予告通り6/4のイベントでの「公開録音」回なのです。

あずみん「いいじゃん! もういいじゃん! 公開録音して来たんだし、別に放送しなくてもいいんじゃない?
はらみー「ダメダメ、あのね…」
ぬーぬー「録音したら、放送しなきゃね?」
あずみん「来てくれた人と、私達の、思い出って…先週に引き続きね」
ぬーぬー「あずみん、大丈夫、絵は出ないから」
あずみん「ほら、その時点でフォローがおかしいもん」
ぬーぬー「出ない『はず』だから…ね」

だがここは、たるき亭。
絵の無きラジオに画像を付ける、それがニコニコアイマスch“たるき亭”だ!

THE iDOLM@STER STATION!!!

と言う訳で、CM明けからちょいちょい静止画の付く公開録音オープニング。
ゲストのミンゴスも…

ミンゴス「新生アイマスステーションに、ゲストとしてお呼ばれ頂きまして…大変恐縮…」
はらみー「あ、あの、慣れない事はしなくていいと思います」

ニコ動のコメントも「ミンゴス!ミンゴス!」とコール弾幕。

ぬーぬー「ねえねえ、あずみん。なんであずみんは衣装チェンジしないの?」
あずみん「…それはどーゆー事かな?」
ぬーぬー「ナース服じゃないの?」(間髪入れずに)
あずみん「だって!」
ぬーぬー「麻美さん、麻美さん知ってます?」
ミンゴス「ふっふっふっふっふっはっはっはっ!」
あずみん「…すごい嫌な予感する」
ミンゴス「みんな、私を誰だか分かっているか?」
会場のP達「イエー!」(拍手)
ミンゴス「さあ、私の正式名称をフルネームで答えたまえ、はい!」
会場のP達「アサミンゴスP!」
ミンゴス「正解だ! 分かってないのに、とりあえずナース服をご用意しました」

誰が着るかはこの後のコーナーで、との事で…

憧れのナース衣装争奪・プロデューサーを知りたい!

ぬーぬー「…うん、誰も憧れて無いけども…」

そうだね。
いつもはお互いに答えを当て合いますが、今回はアサミンゴスPがシチュエーションを出題し、3人が「プロデューサーに喜んで貰える答え」を回答、会場のP達が判定する、と。

ぬーぬー「でも、この場合、勝者はあんまり関係ないんですよね?きっと」
ミンゴス「そうね。あ、気付いちゃった? 勝者は『すごいね』って言うだけです。賞賛は得られます。ま、最下位の方…ねぇ、ホントに、嫌がっちゃって、どうしたの? ナース服着たいでしょう?
はらみー「あ、着たいですか? どうぞどうぞ
ミンゴス「ちょっと原の事を暫く見ないようにしよう。こいつが居るとややこしくなる」

ミンゴス、原さんには意外に弱いのです。

あずみん「これ別に、勝者になれば着なくていいって事ですよね?」
ミンゴス「プロデューサー、ここでひとつ、皆さんにお願いがあります。アイマスステーションを長く聞いてらっしゃる人は、『御約束の展開』ってものがあるとは思います」
会場のP達「(笑)」
ミンゴス「あるとは思うんですが、今日はね、どうしてもね、ガチで行きたいんです」
会場のP達「(拍手)」
はらみー「これは…ヤバイ、置きにいかないとダメですね
ぬーぬー「置きに(笑)」
ミンゴス「あの、考え方が大阪人っぽいです」(笑)
ぬーぬー「ぶちゃけね、あたし達はね、あんまり…あの…安心してたんだよね」
ミンゴス「バカバカ、そんなの楽屋でさ、『私達は大丈夫だね』とか私の前で言っちゃう君達が甘いよ!」
ぬーぬー「すいませんした! ホントすいませんした!」

迂闊なw

第一問

ミンゴス「貴方は、大好きなプロデューサーさんにプレゼントをあげる事になりました…」

3000円以内で、と言われてしまって、さてどうする? と、

ぬーぬー「…そっか、相談が出来ない!」
あずみん「思わず黙ってしまうと言う…」
ミンゴス「今、由実さんがマジ顔になっちゃってどうしよう?」

いつもは残りの2人で相談してますもんね。

ぬーぬー「何欲しい? 何欲しい?」

しゃがんで客席に問いかけ、「ずるい」と抗議されるぬー。

ミンゴス「自分の欲しいもの考えてみたりとかしたらいいんじゃないの?」
はらみー「あ、じゃあ簡単だ」

…原さん、それはいけない。
で、今回はあずみんから回答します。

あずみん「あたしホントに真面目に考えました。着たくないから、展開とか読まないで答えます!」

ガチあずみんが勝てた試し無い様な気もしますが、お答えは…

あずみん「いつも、飛び跳ねたり、振ってくれたり、きっとたくさん汗かくよね。はい、タオル」
ミンゴス「かーわーいーいー! ずるい、なんかずるい、あたしもそーゆー答え言ってみたい!」

あずとい言うなし、
続いて、ぬーさんのお答え。

ぬーぬー「これはですねぇ、麻美さんの…ぬっぱらい、ノミンゴス回で一番嬉しいって言ってもらった、お手紙、を、読んだカセットテープ」

カセットテープを再生できる機器がない、と言う反応は無しで。
ミンゴスはぬーから貰った手紙をいつでも読めるようにパソコンの横のラックの手前に立てているそうです。
なんかこのテレテレな雰囲気にニヤニヤ。

最後に、はらみーのお答え。

はらみー「あ、あのぉですねぇ、あの『自分の欲しいものを』って仰ってたんですけど…」
ミンゴス「言い訳は結構なんで…」
はらみー「あのリアルに自分の欲しいものを言ったら、…ちょっと勝てる気がしないんですけが…」
あずみん「由実ちゃん、勝てない方でいいと思う」

…あずみんw

はらみー「ラーメンを3000円分、でもね、色んな味もあるし、それで、結構ひもじい時は…」

必死である。
会場の拍手で評価し、ミンゴスが判定。勝者はぬーぬーでした。

第二問

ミンゴス「貴方の大好きなプロデューサーさんが、とても落ち込んでいます。訊くと、まぁバーチャルだとは思いますが、昨日、彼女にふられてしまったと…」

どんな声をかけてあげるか、シチュエーション込みでどうぞ、と。
今度はぬーさんから回答。

ぬーぬー「たぶん、プロデューサーさんのおうちですよね? おうちで、バットエンドだったって事ですよね? だから、プロデューサーの隣にそっと座って…『プロデューサー、大丈夫ですよ。まだ他に女の子がこんなにいっぱい居るじゃないですか。あ、この子だったらたぶんいけると思いますよ』」

それはもう、隣に座ってる子を押し倒すしかないな。
続いて、はらみー。

はらみー「えっとですねぇ、シチュエーションは、同じく家だと思うので…」
ミンゴス「パクッたな」
はらみー「あやー、で、しゅんとなってるプロデューサーさんの前に座って、『由実じゃあかん?』」

会場騒然。

はらみー「これ勝てるでしょう!」
ぬーぬー「おま…!」
ミンゴス「今のはすごいねぇ」
はらみー「ねぇ、勝てそうだ」
ぬーぬー「由実! それ私生活でも言えるようにならんと!
はらみー「…そう、だね。いつか、30、40になって」
ミンゴス「由実ちゃんの私生活が一番バーチャルだな」

こwれwはwひwどwいww
最後はあずみんの回答。

あずみん「綺麗な…夜景の見える…二人きりの…部屋で…肩を抱きながら……『リセットすればいいんじゃない?』」
ぬーぬー「男らしい」
はらみー「男前だね」
ミンゴス「しかも、声が1トーン下がってるよね」
あずみん「唯一無かった事に出来る世界観ですからね」

あずみん変なところで男前になったなぁw
だが、今のは悪くない。では、会場の評価を…

ミンゴス「最初に答えたぬーの『他にも女の子はたくさん居るじゃない』この言葉で立ち直れると言う方、拍手どうぞ」
会場のP達「(極僅かに拍手)」
ぬーぬー「ありがとう! 本当に、ありがとう!」
ミンゴス「ねぇねぇ、今叩いた人DDでしょ? DDでしょ? 絶対DDでしょ?

DD言うなしw ぬーさんってだけでたいてーの事は許されるんだよ!
これはもう当然、はらみーの回答が会場一丸の絶賛で…

ミンゴス「じゃあまぁ一応訊いてみましょう、順位を決めないといけないですから」
あずみん「ちょ、一応ってなんですか」

辛うじてぬーさんは上回りました。はらみー圧勝。

ミンゴス「すごいねぇ、由実ちゃんが勝てるとは思わなかった」
はらみー「私もですよ。まさかの」
ミンゴス「流石少女漫画を読み耽っているだけありますよね
はらみー「ちょっと、引用してみました」

はらみー、ミンゴスみたいになる前にそれを現実にフィードバックしようぜ。
次が最終と言う事で、ポイントの確認等。1位のみが1点入ってトータルの順位を競うので、次であずみんが1位なら全員同点ですが…

第三問

ミンゴス「貴方の大好きなプロデューサーさんと、仕事帰り、夜のお台場を歩いています。気が付くと周りはカップルだらけで、いたるところで手を繋いだり…あ、CHUしてる…どうしよう、前を向いて歩けないよ…そんな時、偶然…さっきから私色々アドリブ入れちゃってますけど…」
あずみん「(笑)」
ミンゴス「プロデューサーの手が、貴方の手に触れました。…なんか気まずくって…そう思うとプロデューサーさんも、同じ気分だったみたいで、目をそらしてしまうプロデューサー…」
ぬーぬー「どこまで書いてあるんですか? それ」(笑)
ミンゴス「さて、こんな時、貴方はプロデューサーになんと声をかけますか?」

なにこのガチアフレコw
どこまで台本だったのだろう?
やべぇ、ミンゴス(34歳)かわいすぎるだろ。
で、シンキングタイムに…

ミンゴス「誰から聞くのがいいと思う?」
会場のP達「ミンゴス! ミンゴス! ミンゴス!」(手拍子)
ミンゴス「鎮まれい! …ほら、あたし30代だし」

…いやぁ、今のお芝居の後でそんな事を言われてもw
今回は挙手して名乗り出た順に回答する事に。あずみんに推される形ではらみーが一番手。

はらみー「あの…ラーメン、食べに行く?」

またラーメンかw しかし、これがかわいいのだからたちが悪い。

ぬーぬー「…こーゆーのダメだ~、こーゆーのダメだ~」
あずみん「『御飯食べに行く?』って言うのね、由実ちゃんに取られちゃった。先に言えば良かった!」

本気の時こそポカをするあずみんであるw
で、ぬーさんが回答します。ニコ動のコメントによれば、ぬーさんはアサミンゴスPの袖を掴んだそうで…

アサミンゴスP「どしたの? 愛美」
ぬーぬー「…ちょっと…駅まで遠回りしませんか?」

…な、何と言う破壊力。
変態淑女として定評のあるアサミンゴスPでなくとも、思わず抱きつくと言うものだ。
そして、最後にあずみんの答え。画像が出てますけど、アサミンゴスPの服の背中を摘まんで引っ張り…

あずみん「…駅まで…遠回りして…ラーメン食べに行って…(笑)」

ダメだこりゃw
これはもう判定は明らかでしょう。
ぬーさんに会場絶賛。二位は微妙なところだったが、あずみん。

ミンゴス「ま、ラーメンネタで立て続け続けに行ったのが敗因かな?」
はらみー「あ、わざと被せたんですが、ちょっと裏目に出ましたか」
ミンゴス「そうねぇ、ちょっと天丼重くなっちゃった感じかな?」
はらみー「はやー」

日曜のme to meイベントでも思ったんだけど、はらみー最近『天丼』好きだよねw

ミンゴス「は~い、と言う訳で、この後ナースになるのはあずみんに大決定!」
ぬーぬー「あずみん、あずみん、このね、網(タイツ)、網は、脱がないでね
あずみん「そ、そんなけしからんナースが居る訳ないだろう!
はらみー「ここにいるっ!」(男声)

な、なるほど、そーゆー経緯か。

罰ゲーム

あずみんの着替えを待つ間、ナース服に関する裏話が。
ミンゴスが例によってドンキで調達したところ、コロムビアの担当某氏が「これじゃない」「僕が用意します」とこだわりを見せたと言う…
コロムビア…GJ! その方向性で突き抜けろ!

ミンゴス「もう一着あんだよな。そのドンキのやつが…」
はらみー「あ、着ますか? 分かりました」
会場のP達「ミンゴス! ミンゴス! ミンゴス!」(手拍子)
ミンゴス「バカぁ!」
YUMIX原「久しぶりだねぇ…着たいのかい?」

そうこうしている内に、ナース服に着替えたあずみんが登場。P達とぬーが大喜びw

ミンゴス「ナース、今の気分はどうですか?」
あずみん「すっごく治療されたい」

そ・し・て、

会場のP達「もう一着! もう一着! もう一着! もう一着! …」(手拍子)
ミンゴス「ちょっと…この後、ニコ生があんだよなぁ…(笑)」
はらみー「まだ時間はありますよ
ミンゴス「分かりました。じゃあ…」
会場のP達「ニコ生で!
ミンゴス「偉い人に迷惑がかかるだろ!」

できればそうして頂きたかったですw

ミンゴス「不思議なトリオになりましたけれど、新生アイマスステーションも一致団結できていると言うのがよく見えて、ホントに私としても嬉しいなぁと思いました。なので、このままの格好で…」
あずみん「やっ、やややややっ! やだぁ、着替えたい!」
はらみー「ダメダメ…」
ぬーぬー「あずみん、もうね、時間無いの。ごめんね」
あずみん「うっそ…なに、麻美さん着替えろって言った時に『時間あるよ』って言ったくせに…」

ともかく、ぬーぬー&はらみー&ナースあずみんで、新生アイマスステーションのテーマ曲「123!」を歌います。
ぬーの歌い出し、かっけー! これは惚れ直すわ。
イベント落選の悔しさを胸に、これだけは言っておきたい。

…CDまだですか?

Ending

「123!」をバックに流したまま、スタジオでのエンディングトークへ。

はらみー「これでもホントに映像でお伝えしたいぐらいの、網タイツにピンクのナース服って言うね、とても衝撃的な格好をされていらっしゃいましたので…」
ぬーぬー「『おまけ』に写真付いてるかな?」
はらみー「ね、言っといたらあるかもしれない」

次期CDに特典DVDとして収録すればいいと思うよ。

あずみん「絶対次の時は色々やってやる! 2人に絶対やってやる!」
はらみー「ふん♪」
ぬーぬー「やんない!」

ぬーの「やんない!」かわいいw
で、提供クレジット(エンドクレジット)読み終えた時点で28分50秒、今回はトータル35分44秒あります。
つまり、ここから先はOBCでは放送されていないおまけ部分と言う事ですね。
と言うか、曲が、「123!」がフルだ。嬉しいなぁ。

ぬーぬー「はい、初めて聴いて頂きました、『123!』フル、です。じゃあ、今日はこれでお仕舞いなわけですけれど、最後にご挨拶させて頂きたいと思います。まずは、ゲストの今井麻美さん、もっかいどうぞ!」

と、ここでナース服に着替えたミンゴス登場。
あずみんとツーショットを決めるミンゴス、客席後方から見えるよう自発的にしゃがむ前列…

ミンゴス「はい、と言う訳で、ゲストとしてお呼ばれ致しまして、先輩としての威厳を保つためにも…着ました

…威厳?
威厳はともかく、やっぱりミンゴスはかわいいです。

ぬーぬー「なんか、なんか、なんか歴史を感じました。こうやって、なんかね…」
ミンゴス「そう、前のめりに自爆していくって言うのが、後世に伝えられて、私はもう感無量です」

アイレディ時代からの伝統ですね。
ええ、次はぬーさんもお願いしますね。出来れば次は当てたいです。

ミンゴス「ねぇ、あずみん。あたし達今日、ちょっと晒し者じゃない? 次はあっちじゃないの?」
あずみん「そうですね。あたし、デザイン画描くために画用紙買ってきます」

今度は既製品じゃなく、あずみんデザインのオートクチュールですね!
でも、YUMIX原のポジションと被るなぁ。プロデューサーの座を巡って争奪戦か?

あずみん「すごくたくさんの方に来て頂いて、そのお陰でこんなにたくさん(苦笑)…ホントにね」
会場のP達「かわいいよ!」(ちらほら)
あずみん「…もうちょっと大きな声で言って下さい(笑)」
会場のP達「かわいい!」(大きく)

な、なにこのあずみんw
MAJIあずとい、これはダメだろう。かわいいけど、かわいいって思ったけど…
これを迂闊にかわいいと言ってはいけない気がするw

あずみん「はい、ありがとうございます。と言う事でですね、もう一生着る事は無いと思いますけれど」
会場のP達「えー?」
あずみん「どんなに切ない顔してもダメだからね!」
ぬーぬー「大丈夫だよ、むっちゃくちゃ撮ってくれてるから」
ミンゴス「あずみん、その内こうなるから大丈夫だよ」(カメラに向かってピースでポーズ)
はらみー「もう既に…」
ぬーぬー「なってる…」
あずみん「あっ! 麻美さんに釣られた!」

今週のおまけ ver.2011 Rev.B

コメント無しで、ただ「ナース服を着たミンゴスとあずみんの足のアップ」画像。

…失礼。噴きました。
せめて、せめて何かコメント付けようよ!

参考

コメント欄でご紹介頂きましたが、風パワーさんのブログが参考になります。

“me to me” CD発売記念イベント

今日は浅草の都産貿台東館で行われた「GameMarket 2011」に伺った後、渋谷はパセラグランデで「me to me」のイベントでした。

「アイドルマスター情報まとめ」さん早っ!

執筆中

キャパが椅子席+立見で計150だったようで、最後方でした。
でも、箱が小さいから(比較的)近いんだもん! オペラグラス使わずにすぐ近くで見られるんだから嬉しいもん!

中の人がぬーぬー&はらみー、プロデューサーがウメPと言う事で、アイマスに寄りかかったコンテンツと思われがちですが、コンテンツそのものはしっかりとけじめをつけた線引きがなされていて、キャラ混入もありません。
ただし、コンテンツの主題として「ニコ動の『歌ってみた』『踊ってみた』をフィーチャーしている」ために、ニコ動ネタは仕方ないね。(逆に、ニコマスネタは含まれないのです。)
それと、プロデューサーが我々ユーザから「自重しない」事を求められる先鋭オタクであるため、コンテンツの外側では自重してません。他作品のネタを口走り、自ら閃ブレを握ってオタ芸を打ちます。その姿に眉を顰める人もいるだろうけど、これはもうユーザの意向なので、どうしようもないだろうなぁ。
それを受け付けないと言う方は、ウメPの次回作に御期待頂くか、ウメPには御期待頂かないで同人作品ではらぬーにオファー出すかのどちらかが精神衛生上よろしいかと、
僕は無責任な第三者として、ウメPが観客に煽られてプロデューサーにあるまじき行為に及ぶ様をニヤニヤしながら見ていられますし、あーゆーのを快く思わない人が同人作品ではらぬーにオファーするなら、それはそれで美味しくいただきますし、

何よりも、ぬーぬーがすっごく楽しそうだったので、いいイベントでした。掛け値無しに、
ほら、ここが声優ファンとそうじゃない人の価値観の違いなんだよ。

余談:「ユーザの意向」と書きましたが、もしこのコンテンツが成功して、ターゲットを拡げる事を(上から)求められた場合、プロデューサーは方向を変えて今のユーザを(ある程度)切り捨てなければならなくなります。そーゆー視点を「あらかじめ」持っていれば、その時が来ても「裏切られた!」と沸騰しなくて済むのですよ。まぁ、これはそこまで大きくならない気がしますが、

開演

イベントは13:30開場の14:00開演。
少し時間をオーバーしてからお馴染みウメPが登壇して御挨拶。
一通り諸注意の後ウメPが客席に引っ込むと、「スーパー☆スター」のイントロが流れ始め、ぬーぬー&はらみーが前サビを歌ってからAメロへの間奏で舞台袖から登場。一気にテンションが跳ね上がる。

ちなみに、ウメPの席は客席最前列左端で、その隣が関係者席と言うか脚本担当の平松正樹さん。
ウメPの席の前にビデオカメラが据え置かれていて、曲が始まるとウメPは舞台袖ではなく客席に戻ってカメラ担当になると言う手作り感w
歌が終わってウメPがステージに上がってる時にはフロア後方(調整室?)のスタッフが時々駆け寄ってカメラ調整してたけど、あれでは映像は期待できないなぁ。後で使うつもりがあるなら、(例え素人でも)カメラはそれぞれ専属を一人つけた方がいいと思います。

「スーパー☆スター」を歌い終えて、御挨拶&水分補給。
「お水美味しい?」はまぁ構わないと思うんですが、「大地の味がする?」ってどうなんですか?
馬鹿なの? それとも、人間の区別が付いてないの? 過去何度か聴いたけど、毎回滑ってる事に気付かないの?

それはそれとして、MCはあっさりめに切り上げて、2曲目は新曲「発展途上 My Life」。
はらみーが進行をぬーぬーに任せきりにしている様子なのが微笑ましい。
こっちもフリ付きなんですね。これはかわいい。
Bメロの辺りだったかな、2人が向かい合うポジションになる時の2人の表情がいい。
何と言うか、にへら、と解けるような笑みを見せ、まさにはらぬーの一番美味しい部分、と言う感じがする。

曲を終え、「汗を拭いてくるからウメちゃん繋いでて」と言う事ではらぬーは一旦舞台袖に引っ込む。
早速ウメPに対し「何か歌って」とか「鷹さん」とかお約束なイジリもありつつ、このプロジェクトの経緯の説明。
と言っても…

ウメP「途中省略しますと、こーゆーキャスティングでですね」
会場「(笑)」
ウメP「色んなものと被ってるんですけどね」
会場「(笑)」

それは言わないお約束?w
で、今回の「CD+ブックレット」のお話、発売日は一昨日だったのかな?

ウメP「まだAmazonとかでkonozamaな人いますか? すみませんね、まさかこうなろうとはね」

ウチは昨日届きました。危なかった。
そうこうする内にぬーぬー&はらみーが舞台に戻ってきて、さっきのパフォーマンスのお話。
ウメPは、コンセプトから歌と踊りはセットで考えていたが、実際どこまで踊ってもらえるかは不安だった、と。
ぬーは、歌いながらではない踊りに重点が置かれたフリが多かったので、歌いながら踊るのは挫けそうになった部分もある、と。
キャラクターの話も、最初にドラマを収録した時はそんなに設定が出来てなくて、後付されたものが結構ある、と。例としては、ミカの趣味に「自作PC」がある、とか。
はらみーの方はしっかりした凛としたキャラなので「私とは真逆に近い」と。

ウメPは最初「一人で活動していたミカが雅をスカウトする」と言うプロットを考えていたが、そこまでアクティヴだと、ミカが「ハルヒのような」セルフプロデュースで何でも出来てしまうキャラクターになってしまうと言う事で、平松さんが方向修正したとの事。
で、その舞台設定をウメPが渋谷周辺(代々木公園など)にしたら、平松さんも乗って来て…と言う話とか。
本日欠席の作詞のyuraさんも設定に介入してて、ミカの趣味「自作PC」と雅の特技「米の食べ当て」はyuraさんのアイデアだと言う。

「スーパー☆スター」のレコーディングの話では、2人とも作曲の神前さんに会ったのはその時が初めてだったと言う意外な情報が。

ぬーぬー「なんでこっちで?って…実は別のコンテンツでもね、よく神前さんの曲を歌わせて頂いてたんですけど(笑) 新曲として神前さんの歌を歌った事が無くてですね…」
はらみー「なんかもうすごい、音楽プロデューサーみたいな雰囲気が…服とかもそうなんですけど、いかにも、みたいな格好で…」

更に、新曲「発展途上 My Life」のレコーディングの話。
ボカロPのsamfreeさんに依頼した書き下ろしの「エンディングっぽい雰囲気」の曲なんですが、

ウメP「レコーディングでね、仮歌ってあるんです」
ぬーぬー「そんな溜めなくてもみんな知ってますよ」

仮歌が初音ミクだったと言うお話。後からその仮歌も流れました。
そして、ボカロカバー曲「Promise」のお話。ぬーは「ミカで歌うのが難しかった」と。はらみーは「(オーダー通り)カッコ良さを重視して歌った」と。
アーツのマネージャーにsamfreeさんのファンが居てレコーディングに付いて来たがっていたが、担当が違うので「くんな」と言う話とか、

ぬーぬー「(「発展途上 My Life」は)キャラクターに合ってるのかな、2人って言うのが…なんか2人がね、手を繋いで歩いてる絵が見えたって言うか、そーゆーイメージが出来ると歌い易いんですよ、すごく」
ウメP「ちゃんとドラマのシナリオをお渡しして、こーゆー2人なんだ、って言うのを理解して貰って、歌詞も書いて貰いましたので(略)だからだと思います」
はらみー「歌っててもすごく楽しくて、今日とかも、自然と2人目があって、目があうとにやにやにやってしちゃう、みたいな、そんな感じの雰囲気にさせてくれる…まぁ普段からそんな感じではあるんですが、より一層曲の雰囲気でにやーってしちゃう」

ここで、ウメPが用意したドラマパートの舞台探訪スライド上映。
ただし、「聖地巡礼」と銘打っており、ウメP自身も「ずうずうしいにも程がある」と。
最初は代々木公園、ぬーさんは養成所時代に代々木公園で自主練習をしていたと言う。
見てる「踊ってみた」動画の話やカラオケで歌うボーカロイド楽曲の話を挟みつつ、渋谷駅周辺の画像、そしてPARCOへ。

ウメP「PARCOはあんま来ない?」
ぬーぬー「最近場所を覚えました」
はらみー「私はそんなにお洋服とかにお金かけたりしないタイプなので、PARCOってものすごい高級なイメージがあって、入ったらあかん気がする、って思って、遠巻きに見てます」
ウメP「服を買いに行きたいがPARCOに着て行く服がない」

続いて画像は原宿へ。
ぬーは渋谷と同様に衣装を買いに来たり、代々木公園に行ってた頃はここで降りて仲間と集合してた、と。

はらみー「衣装っぽいものが多くて、しかもそれがすごい安かったり…この着物っぽいやつがこんな価格で、みたいな」
ぬーぬー「それそれそれ何の事か分かっちゃうよ」

ブロシードライブ2010で使ったユカタメイド風衣装の事ですか? 分かりません!(>_<)/ で、原宿周辺のオープンカフェとか。ぬーさんからドラマ内での雅の移動距離が長いとのツッコミも。 続いて、ちょっとネタ映像。 「ミカの住んでるマンション」として出てきたのがえらく高そうなマンションで、実は秋葉の「Steins;Gateでフェイリスの住んでいるマンション」でした、と。 改めて4階ぐらいの如何にも公団って感じのマンションが出てきて… ぬーぬー「この前は何だったんですか? 何のフリなんですか」 ウメP「いや、マンションって言うと『あそこだ!』って思って」 こうやって自己主張せざるをえないのがオタクのオタクたる部分であるw 続いて、雅の家として侍戦隊シンケンジャーの志葉家屋敷こと「旧堀田邸」の画像が、

ぬーぬー「そんな他の作品ばかばか言うんだったら、もうアイマスって言いますからね!」

我慢してたぬーさんがキレたw

(続く?)

THE IDOLM@STER STATION!!! 第97回

響「この前のチョコフォンデュ・パーティー、酷い目にあったぞ」
雪歩「ホントだよね。まさか食材にイクラとかあるなんて
貴音「確かに、まこと面妖な宴でした。まさか、イチゴをチョコレートに付けるとは」

お前が言うなって言うかなんて言うか…w
※ この物語はフィクションです。

雪歩「今度はチーズフォンデュとかもやろうよ」
貴音「どうせなら、もっと新しい食べ方を模索してみるのも良いかも知れません。らーめんのダシに、色々な麺をつけて食すと言うのは如何でしょうか?」

どう見てもつけ麺です。本当にありがとうございました。

THE iDOLM@STER STATION!!!

出だしをとちるあずみん。

あずみん「一瞬、『はい』って言ったけど、『あれ? 始まっていいんだっけ?』って思っちゃった」
ぬーぬー「昨日は色々とね、大変だったもんね、朝からイベントがあってね、夜も色々ありましたから、ちょっとお疲れだったと言う事にしときましょう」
はらみー「…夜も?」

流石に6月5日(ラジオ大阪)放送分は、アイステイベント&ニコ生アイスタサテライト(ゲスト参加)の6月4日よりは先に収録しているわけで…
そして、流石にはらみーはニコ生のスケジュールまでは覚えていないわけでw

ぬーぬー「前回はね、ちょっと特別放送と言うわけで、チョコフォンデュなんかやっちゃったりして…あのね、収録が終わった後の方が酷かったんだよ!
はらみー「ねぇ? あれねぇ、流すべきだったのに、すごい酷いモノを、その後色々、調合して作って、ジャンケンで負けた人が食べる、みたいな…」
ぬーぬー「そうね、そうね、貴方とあずみんがね」

酷いものを作ったのがはらみーとあずみんで、ジャンケンに負けたのがぬーですね。分かります。

はらみー「でも、由実も食べたけど、あずみんだけがそれ食べてないんだよね」
あずみん「やっぱりねー、なんかあたしも別の意味で『持ってる』みたいで、美味しくないところで得するのね」

あざとさがイマイチ有効に効果しない件w

ぬーぬー「由実、自分でイクラ食べて『これダメー!』って言ってたもんね」
はらみー「ねー、こんな事しちゃってたんだ、って思いました
ぬーぬー「反省しなさい!」

うん、そしてイクラに謝れw
ここでお便り紹介。大学の教育学部で数学を専攻する人から、「THE IDOLM@STER STATION!!! 第95回」の「あなたを知りたい!」への反応が。
うん、あの時みんな数学に対して酷い事言ったよねw

「で、発売日は?」でお馴染みのゲーマガCMが、遂に自らネタに…

ふつおた!!!

あずみん「ついに発表になりましたね。アイドルマスター、アニメ」

はい、TBSにて7月7日(木曜日)25時25分が最初ですね。
6thライブのど真ん中だと言うところがミソでしょう。放映前の2公演はアニメ絡みの発表、その後の3公演はアニメ以降のプロジェクト展開が発表される可能性が…

ぬーぬー「ニコニコ(25:25)の時間からでございます」
あずみん「ニゴニゴでもあるんじゃない?」

スーパー真耶ちゃんタイム!

はらみー「あとさぁ、オープニング、録ったよね、最近ね」
あずみん・ぬー「録った!」
はらみー「作詞がyuraさんで、作曲が神前さんだから、ゴールデンコンビだから、なんかやっぱりこう、安心感って言うか、なんかいつもの『あ、これこれ』みたいな感じだよね」

新曲「READY!」、早く聴きたいです!
やっぱりこれの披露は6thSSF東京公演まで引っ張るのかな?

続いて、アイモバエリアゲーム「6周年記念全国ツアー直前特別企画・あずみんPの3日間耐久祭」に対する感想メール。

あずみん「29日の夜に『皆さん三日間お付き合いありがとうございました。本当に楽しかったです』って送った後に、みんなから総ツッコミで『30日までって公式ホームページに書いてありますよ』って言われて(笑)」

丸三日間だったので、四日に渡っていたと言う事ですね。
残念ながら一度も代行拾えませんでしたが、

はらみー「今ライブのレッスンとかが始まってて、レッスンの合間の休憩時間とかにあずみんが一生懸命やってる姿を、結構見たので…」
あずみん「まさにね、アイドル業とプロデュース業のね…」
はらみー「両立?」
あずみん「コラボレーション」

続いて、カラオケのために5thライブのBDで振り付けを練習していると言う方から「踊りながら歌う時のコツは?」と、

はらみー「これでも、あたしも教えて欲しいぐらいに…」
あずみん「あたしも教えてもらいたい」
ぬーぬー「コツ? コツ?」
はらみー「うん、なんか、こう、愛美から…」
あずみん「そう、教えてぬーぬー先生、みたいな」
ぬーぬー「え? え? 『体力つけろ』?」

はい、体力大事ですね。
夜ジョギング再開します。踊らないけど、

ぬーぬー「力を入れないこと? なんか、いい感じに力を抜く事、とか? かな?」

なるほど。

はらみー「明日から実践しま~す」
あずみん「実践しま~す」
ぬーぬー「あたしも実践しま~す」

6th楽しみにしてま~す!
そして、ぬーに続いてあずみんが載った「goo」、そして、「高速道路」に言及するメール。
「『高速道路』と言う曲を作った事で車業界にまで注目される事になるとは、流石あざといあずみん、まさに『あずとい』ですね!」

あずみん「『あずとい』ってなんだ!」

遂に公式にまでw

あずみん「先週の放送聴いた? 『高速道路』流れてなかったでしょ? もうね、もう過去の産物なの!
はらみー「蒸し返して行きますか? 『高速道路』の曲」
あずみん「全っ然ね、全然フリじゃない!」
はらみー「あ、そうだ! イベント前だし、もしかして、今週ね、まぁ、実際には昨日終わったイベントなんだけど、そこでもしかして、あずみんが歌ったかも知れないしね~んな
あずみん「馬鹿を言え! そんなワケがない!

はらみーに追い詰められているあずみんMAJIかわいい。
聴くところによれば、場繋ぎのためにと言う事で歌わされていたとか…
どこかレポありませんか?

歌姫楽園2011

あずみん「今回は、久々に3人で歌います!」

雪歩、響、貴音で「It’s My Life」(YUI)
ええ、Bon Joviではございませんw むしろ洋楽リクエストしてみる?

あなたを知りたい!

あずみん「もうねぇ、回を重ねる毎にね、どんどん絆が深まって行ってね、もう誰も太刀打ち出来ないって言うね」
はらみー「そうだねー、今回も全員正解、間違い無しだね
あずみん「ね、みんななんで宙を泳いでるのかな? 視線が」

前回(先々週)なんか3人中2人がハズレだったじゃん。
それでは、いつもの様にぬーさんから、
「ある日、友人と一緒に電車に乗っていると、貴方は友人のスカートのチャックが全開な事に気が付きました…」
友人に恥をかかせずに教える方法は?

はらみー「(他の乗客に)分からない様にって言うと、そんなに方法は無いじゃない? 耳打ちするとか、ケータイに打ってそれを見せるとか」

ぬーさんの答えは「黙ったまま、自分からチャック上げてあげる」

はらみー「あー、やってあげるんだね。きゅんって感じだね」
あずみん「それがもしかして、あの噂の女子力ってやつですね」
ぬーぬー「いや、そーでもない、そーでもない(笑)」

まぁ、女の子同士ならね。
例によって、なんとか△に出来ないかと粘るはらみーとあずみんw
続いてはらみーのターン。
「貴方はお腹がペコペコです。だけど財布には500円しか入っていません。晩御飯はどこで何を食べる?」

あずみん「わりかし色々行けそうじゃない?」

だよねぇ。今時、牛丼だって300円しないし、

ぬーぬー「はーい、麻美さんちに行って晩御飯作ってもらう」
あずみん「なるほど、堅実だ」

はらみーの答えは「家で食べる用のカップ麺と、オリジン弁当の惣菜!」

リアルなお答えですw

はらみー「健康的でしょ?」
あずみん「え? カップ麺とお惣菜…カップ麺…健康?」
はらみー「美味しそうでしょ?」
あずみん「お、美味しそう」
ぬーぬー「ちゃんと自分で工面する人でした。申し訳ない」
はらみー「わーい♪ 賢いでしょ?」
あずみん「賢い! 大人の女性だ。カップ麺だけども」

大人はカップ麺なんか夕食にしない! そりゃ学生だw
最後にあずみんのターン。
「100万円を5時間以内に使い切りなさい。ただし、貯金、借金返済、ギャンブル、プレゼントは禁止…」

はらみー「普通だったら貯金一択なんだけど…」
ぬーぬー「あたしだったら、もうめんどくさくて返しちゃうけど…」

はらみーが(テキトーに)纏めた答えは「スーパーで食材100万円分買って、由実と愛美に食べさせてくれる。あの、直接的にちゃんと100万円は、自分で野菜とかお肉とかを買ったから、他人にはあげてない!」
ぬーぬー「すげー、由実すげー現実的じゃない…」

ただの願望じゃねーか!
普通のスーパーで食材100万円分はキツイと思います。ワインでも買う?

はらみー「正解?」
あずみん「正解…なわけない!」

正解は「株を買ってみた」
うん、ギャンブルではないな。

あずみん「何をするかなって思った時に、自分のお金じゃなければ挑戦できるものがあるかなって思って…」

なるほど、それは賢い。
それはそれとして、今回は3人ともハズレだったわけですが…

あずみん「逆に、めでたい♪」
はらみー「そっか、そうだね、そんな気がしてきた!」
あずみん「初めて記念日♪」
はらみー「やーん♪ なんか、ドキッてしちゃう!」
あずみん「…こんなんでさぁ、みんな喜んでくれると思う?」

記念日が制定されました。全く意味が分からないよ。

あずみん「またプロデューサーさんと思い出を共有できたね♪」

ここで一曲、6月22日発売の「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 04 秋月律子」より、新曲「LOVEオーダーメイド」を初披露。
コロムビア公式でも同6月6日付けで視聴開始しています。

Ending

あずみん「来週の放送がね、6月4日に行われた…」
ぬーぬー「昨日ね」
あずみん「そう、昨日! 昨日です。アイステ3rdTravelの発売記念イベントで行った、公開録音の模様をお送りします」
はらみー「わぁ、すごい。何やったんでしょうね?」

楽しみです。
いけなかった悔しさを少しでも晴らしてくれる放送になる事を期待してます。

THE IDOLM@STER STATION!!! 第96回

はらみー「スタジオの中が超いい匂いがする~!」
あずみん「こんなにたくさん美味しいもの並んだの初めてじゃない?」
ぬーぬー「だけど、宿題が全然出来ていません」

今回はチョコフォンデュ会だそうです。ん? チョコフォンデュ回?

はらみー「愛美が私の誕生日にプレゼントしてくれて、ウチの家でやろうって話になってたんだけど3人のスケジュールがね、なかなか合わなくて、『じゃあもうスタジオでやっちゃおう』ってなったら、『もう番組の中でやっちゃおう』みたいな話になっちゃったんですよね」

なるほど、しかし、ただ食べるだけなわけもなく…

THE iDOLM@STER STATION!!!

はらみー「はい、チョコフォンデュパーティーのルールを紹介しましょう!」
あずみん・ぬーぬー「はい」
はらみー「どうぞ!」
あずみん・ぬーぬー「…は?」
あずみん「じゃ、じゃあ、僭越ながら浅倉が読ませて頂きます」
ぬーぬー「張り切って入ってきたから任せようと…」

口火を切っておいて放り投げたが、いつも通りだな。
まず番組側でイチゴ、バナナ、メロン、クロワッサン、栗、カシューナッツ、おかき、ラズベリー等々が用意されており、更に3人それぞれが持参した食材があると言う。

はらみー「私はですねー…『イクラ』です。これ絶対合わないよね~」
あずみん「合わないよー!」
はらみー「食べたくない」
ぬーぬー「あの、由実? 自分が食べる可能性も、ちゃんと考えてる?」
はらみー「…そこはね、考えずに持ってきてしまって、2人が『きゃー!』って言ってる姿を想像しながら、イクラにしようって…」
ぬーぬー「絶対食べさせようぜ!」

…原さん、貴方イクラ嫌いでしたよね?
先日のUst配信で寿司食べた時もイクラ残してたじゃないですか。

ぬーぬー「あたしはねぇ、一応自分も食べる事を想定して…『納豆』」
はらみー「あっ、すごい好きだもんね、納豆ね」
あずみん「…やだ、やだよ! だって、このスタジオの中に納豆(の匂い)が満ちるじゃないか!」

…いやいや、いくら納豆が好きでも…
とりあえずアレだ。番組スポンサーのブシロード様からブンケイPを呼んで来ようぜ。

あずみん「私はですね、ちょっと日和ってしまったので…『ピクルス』と『蛸ワサ』」
ぬーぬー「いや、すごい攻撃的だよ! 十分攻撃的だよ!」
あずみん「これだったらね、ちょっと、愛で乗り越えられるんじゃないかと思って」

どう見ても酒の肴である。アッキーがスルメ持ち込むようなものか。3人とも手加減無しだ。
ルールは、まず食べたい食材を指名して、その食材に関する駄洒落を言う。で、残りの2名が「有り」か「無し」かを判定、「有り」ならそのまま食べられるが、「無し」だと箱からクジを引いて、書かれている食材を食べなければならない。
と言う訳で、まずは順番を決めるジャンケン。珍しい事にぬーさん勝利で、ぬー→はらみー→あずみんの順番に。

はらみー「何にす?」
ぬーぬー「えーっとねぇ…そう、そんで宿題だったんだよね、その駄洒落がね、なんだけど、全く考えてきてなかったから…」
あずみん「なんか、『駄洒落しますよ』って言ってたのね、冗談だと思ってた…」

それが宿題か。
ぬーぬー「イチゴ! このイチゴが今年の第一号だ!」

画像で見る限り、チョコ固まりかけてますけど大丈夫ですか?

ぬーぬー「…ぅま…うま…めっちゃ美味い! いいイチゴだ、これ!」
あずみん「ね、あたしチョコフォンデュじゃなくていいから食べていいですか?」

ぬーがかわい過ぎてきゅんきゅんしました。

はらみー「栗! 栗が大好きクリリンさん…『ラーメン大好き』みたいなね、『小池さん』的な…」
あずみん「(笑)大丈夫? 固有名詞…」
ぬーぬー「…これ、大丈夫? これは…」
あずみん「あの、個人的には、ま、栗は入ってるかなって思うんですけど…」
はらみー「もうスタンバってるんですけどね、もうスタンバってるんですけどね」(大事な事なので…)
あずみん「…あ、じゃ、じゃあいいよ、なんか由実ちゃんの目力に負けたからいいよ」
はらみー「いいの?! いただきますー!」
あずみん「あたし的にはいいです…あ、ぬーちゃん的にはOK?」
ぬーぬー「うーん、ちょっと…」
はらみー「もうつけちゃったよ?
ぬーぬー「…もういいよ」
はらみー「いただきます!」
あずみん「有無を言わせないですけれども…」
はらみー「…ん! めっちゃ合う!」

ハードルを下げさせる事に定評のある原さんですw
やはり人間、押しの強さですね。
※ ただし、原さんの場合は食べ物に限る。

あずみん「バナナにする、バナナ! チョコフォンデュをするのに罰ゲームが関わるなんて、そんなバナナー!」
はらみー「…あや? …これはどうでしょう? 愛美さん」
ぬーぬー「…(笑)」
あずみん「いいでしょ? いいでしょ? 食べさせてよー! 甘く見たじゃない、2人のこと!」
はらみー「じゃあまぁ、とりあえず、1周目はこれで許しておこうか」
ぬーぬー「うんうん、そうね。いいよ、いいよ、…なんかかわいそうになっちゃった
あずみん「え? 同情? 同情?」
はらみー「ね、なんだかちょっと哀れに…」

はらみー、自分の酷い駄洒落を棚に上げてこの言い様であるw
そして2周目です。一番食べたいクロワッサンの駄洒落が思いつかない、と栗を選択するぬーさん。

ぬーぬー「栗が、もーブランブランしちゃうよぉ!」

…いや、無いね。
と言う訳で、ぬーは栗は食べられず、代わりにクジを引きます。
引いたのは「すーさんスペシャルセレクト」、即ち、納豆。あずみん本気で嫌がってる。
フォンデュ側につけるわけにもいかないので、納豆側にチョコを投入。

はらみー「いかが?」
ぬーぬー「…ん? …ん? …あのねぇ、…意外といける」
はらみー「いけるんだ? あ、じゃあこれは皆さんにも試して頂いてね、あ、お聞きの皆さんね、ここじゃなくてね」
ぬーぬー「あのねぇ、あのねぇ、納豆、タレ入れてないから、味が無いの。で、食感だけ納豆で、味はチョコ」

良かった。チョコが納豆に勝利して平和は守られた。

ぬーぬー「よし、これを…『もーブランブラン』をダメにしたからには、それを越えるものを出さないとあたし認めないからね!」
あずみん「そんな…、そこは、そこは…アイステ愛だよ!」
はらみー「そうだよ!」
ぬーぬー「へ? 何のこと?」

ハードルが少しだけ上がりました。
と言う訳で、2周目のはらみー。

はらみー「パンで、作った、パンツ」
ぬーぬー「…これはダメでしょう。これは不味いでしょう」

うん、パンツだけに美味しくないね。(←食うな)

あずみん「ゴメン、ゴメン、あたしもね、あたしも次パンにしようと思って同じ事考えてたの
ぬーぬー「同じ事考えた浅倉さんもダメ!」
あずみん「だって、だって言って無いもん! 言って無いもん!」
はらみー「あ、うん、同じ事考えた時点でもう、それを言っちゃった時点でね」
ぬーぬー「と言う訳で、じゃあ、いっぺんに引いて貰う事で…」
あずみん「由実ちゃん! 由実ちゃんドヤ顔しないでよ!
はらみー「もう巻き込むなら一緒に…

原さん相変わらずやで。
そして、こうやってあっさり巻き込まれてしまう「あざといように見えて決定的に足りていない」あずみん、かわいいw

あずみん「思ったことを正直に口に出す、正直者の自分を恨みたい」

なんか、中村先生に似てきましたね。
はらみーが引いたのは「あずみんスペシャルセレクト」、即ち、蛸ワサ。
あずみんが引いたのは「スペシャルタイム:6月1日配信予定のアイマス2(DLC)カタログ4号の告知をお願いします。その間、他の2人はフリーお食事タイム。駄洒落無し、くじ引き無しでお好きな食材をお楽しみ下さい」
ちょwww あずみんMAJI不憫!

ぬーぬー「わーい♪」
はらみー「『好きな食材』だから蛸ワサは要らないや!」
ぬーぬー「ちょ、ちょっと待って、由実からね、由実が蛸ワサを食べた後にあずみんがそのタイムに入るから」
はらみー「あ、その流れやっぱあり?」
ぬーぬー「ありありあり」
はらみー「あやー」
あずみん「え? これ、これ、これあたし何の得もしない…ですよ?」
はらみー「うん、その間いっぱい食べよ! あずみんの分もいっぱい食べよ!

原さん酷いw 一昨年の鍋会でも悪いクジ引いたぬーさんを笑ってたのを思い出します。

ぬーぬー「蛸ワサとチョコってどうなん?」
はらみー「あ、でもねぇ…悪くない。別に喧嘩はしてないかな? なんかピリッとするチョコレートみたいな」

それはそれとして、「きゅん!ヴァンパイア・ガール」(響、貴音、雪歩バージョン)のイントロをバックにあずみんの告知スタート!

はらみー「これやっぱイチゴでしょ」
あずみん「由実ちゃんイチゴ全部食べないでー!(泣)」

あずみんMAJI不憫。
そして、告知と曲の間にすっかり満喫してしまったぬーさん&はらみー。

ぬーぬー「はー、なんか…満足」
はらみー「ねぇ、満足したねぇ」
あずみん「嘘だ! 嘘だ! まだ満足しないでよ!」
ぬーぬー「じゃあ、あずみん、いいよ。駄洒落」
はらみー「うん、どうぞどうぞどうぞ」
あずみん「…え?」
はらみー「今ね、あたし達2人がね、食べてるのを見て食べたいって思ったでしょ? だからその食材で駄洒落を言ったらいい」
ぬーぬー「うんうん、どうぞどうぞ」
あずみん「…(泣)何一つあたし得しないよぉ!」
はらみー「大丈夫、ここで素晴らしい駄洒落を言えば食べられるんだよ!」

そして、イチゴを選択するあずみん。

あずみん「こんな状況の中で告知を頑張ったあたしは、イチゴを食べても良いほどに、ベリー(berry)頑張った!」
はらみー「……え?」
あずみん「なんで?!」
はらみー「…これは、どうでしょうねぇ? 」
あずみん「イチゴ!イチゴ!ベリー!ベリー!」
ぬーぬー「うん、ベリーでいいんじゃない?」
はらみー「あ、じゃあ、1個だけね?
あずみん「なんで、なんで2人とも、そんな…」
ぬーぬー「(笑)すげー上から目線」
あずみん「ちょー温度差がある! この私の『やっとありつけた』的な喜びと、『もう満足したからいいや』的なこのノリ!」

まだ食材たくさん残っているので、もう一周と言う事に。
ぬーさん、バナナを選択。

ぬーぬー「なんか、バナナでフォンデュって、ばーにゃーにゃかうだ(バーニャカウダ)みたいじゃない?」

…苦し過ぎる。ええ、アウトです。クジを引いてください。

ぬーぬー「でも、イクラ以外を引けばいいんだよねー、これ。まだ入ってるからさ」
はらみー「イクラ以外(笑)…そうだね」
ぬーぬー「…(笑)あー、なんで空気読むんだろ、あたし…『はらみースペシャルセレクト(イクラ)』」
はらみー「持ってますねー! 沼倉さん持ってますねぇ」
あずみん「持ってますねー!」

フラグ力!
確かに「持ってる」けど、ノーサンキューだw

ぬーぬー「これ一番ヤバイと思うんだよ」
はらみー「ねぇ~、ホントだねぇ♪
ぬーぬー「プチュってなるじゃん」
はらみー「うん♪
ぬーぬー「『うん♪』じゃねぇよ!『うん♪』じゃねぇよ!」
はらみー「(笑)さぁ! 召し上がれ」
ぬーぬー「『うん♪』じゃなくてね…いただきます」
はらみー「いかが?」
ぬーぬー「んーー!」
はらみー「この歪んだ顔が、不味さを物語ってますね」
あずみん「ぬーちゃんぬーちゃん、美味しい?」
ぬーぬー「あのね、チョコが焦げてるのね、その焦げ臭さと、生臭さと、甘さが、(咳き込む)相俟いまして……不味いです」

まぁ、そりゃ不味いわなぁ。

はらみー「でもね、そのね、不味い、あたしが持ってきたイクラを食べてくれた方にはプレゼントがありましてですね…」
ぬーぬー「何? 怖いよ! 由実のプレゼントが一番怖い!」

いや、ちょっと待って! 不味いのはイクラじゃないから! イクラに謝れw
で、プレゼントって何です?

ぬーぬー「これさぁ、これさぁ、あたしが貸した本じゃん!」

…え?

はらみー「かれこれ一年以上前に借りてて、ずっと借りっ放しだったんですね。でも、何度も読もうと思っても、難しくて20ページぐらいまでしか進まなくて、でも、読まずに『ゴメンネ』って言うのが言い難くて、で、だから、ホントは読んだていで粗筋とかネットで調べようかなって思ったんだけど、嘘つき通せる自信もないし…」
ぬーぬー「その方がタチ悪いわ!」
はらみー「だから、こうやって愛美が美味しそうにイクラ食べてる姿を見て、それと一緒に渡したら、いいかな?って思って…」
あずみん「由実ちゃん、なんか前提が間違ってるけど…美味しそうに?」
はらみー「イクラのタイミングで渡そうと思ったんだ」
ぬーぬー「…そうかー、そうかー、そうなのかー」

銀英伝ですかねぇ?
ニコ動の反応:「おいしそうに?」「ひでぇw」「よかねぇよ!」「よけいにだめだろww」「イクラを食べさす前提ww」「なぞの発想」「どこまで酷いんだ…」「幾重にもひどいwww」「謎タイミング」「なんなんだろうこの人」

常人の理解を超えている、と言う事だけは確かに言えると思います。
何故そこでそれが、と言う…これ、番組スタッフも困惑したんだろうなぁw

ぬーぬー「そうか、由実の中ではイクラを私が食べる事は決定だったんだね」
はらみー「あのー、なるといいなって思ったらホントになったから、まさかって思いましたね」
ぬーぬー「これ、あのね、ホントね、なんであたしはさぁ、空気を読んでしまうの?」
はらみー「持ってるんですよ」
あずみん「持ってるんですよ、すごいなぁ、ぬーちゃん」
はらみー「この最高の締めで、これ最高じゃないですか?」

負けるな、ぬーさん!
ここでコロムビア枠の一曲、TVアニメ「トリコ」オープニングテーマ「ガツガツ!!」(串田アキラ)

ふつおた!!!

ぬーぬー「あたし食べるよ、普通に」

と言う事で、普通にボリボリ音を立てて咀嚼しながらメール紹介w
「アニメの収録現場で何か面白い事はありましたか?」

ぬーぬー「あたしが座ってる場所が、由実の対角線上なのね。ちょっと端っこの方に居て、お互いに、別々の。で、この前、隣に智秋さんが座ってたんだけど、智秋さんが気付いて耳打ちしてきたの。『由実ちゃんさぁ、見るとさ、常に食べてるんだけどさ、あの子だいじょうぶなの?』」
はらみー「確かに、スタジオではよく食べてますね。スタジオでも」

声はともかく、口調は似せてて面白いw

はらみー「由実はねぇ、あさぽんが割りと近くてですね、あさぽんが使ってない紙とかにちょっと落書きをしてくれるんですけど、その、なんか小学生が描きそうな絵、みたいな感じで描いてるのが、本当に面白くって…」

本番中にチラッと見て噴き出しそうになって居ると言う話。

あずみん「浅倉はですねぇ、そんな由実ちゃんとあさぽんの盛り上がりとか、ぬーちゃんと智秋さんのヒソヒソ話とかを、長谷川明子ちゃんと眺めて微笑んでます」

収録も大所帯ですからねぇ。
他の2番組でも、その雰囲気が伝わってくる話が聴けますよ。

Ending

DLCの告知再び。

あずみん「先程ですねぇ、ご説明しました『アイドルマスター2』だうんろーろこんてんつにょー、カタログ4号がですね…」

あずみん、ちょいちょい噛むねw

あずみん「今日さぁ、なんか、楽しかったけどさぁ、これ、いいのかな? なんか…」
ぬーぬー「うん、いいと思うよ」

はらみーもぬーぬーもすっかり染まってしまって…

THE IDOLM@STER STATION!!! 第95回

貴音「Happy Birthday to You ♪」
響「ん? どこからか貴音の声が…」
雪歩「Happy Birthday to You ♪」
響「うぎゃー! 穴の中から雪歩が!」

亜美真美のサプライズバースデーの予行演習に巻き込まれた響。

貴音「これは予行演習なのです。別に、貴方の誕生日を間違って覚えていたわけではありませんよ」
響「そうか! あまりの事にびっくりしちゃったよ。…ところで、貴音は自分の誕生日を知ってるのか?」
貴音「さあ響! 貴方も一緒にこの穴に入って、亜美、真美をお祝いしましょう!」
響「…知らない気がするぞ」

貴音ってそーゆーの覚えなさそうだよね。

THE iDOLM@STER STATION!!!

ぬーぬー(亜美真美のモノマネで)「『んっふっふ~、兄(C)、姉(C)』…んー、似てねぇ…『バースデープレゼント、待ってるよ~!』…はぁ、ダメだぁ~↓」
あずみん「心が折れ過ぎだよ!」
はらみー「『んっふっふ~、お祝いしてくれてありがとう!』」
あずみん「(笑)それ、それ『ドラえぽん』(ドラえもんの真似をするあさぽん)じゃん!」
ぬーぬー「ほら、あずみん!」
あずみん「に、に、『兄(C)、姉(C)』」

ペットボトルを倒すアクシデントにより中断するも…

はらみー「あ、でも、もう一度。今一瞬聞いた限りだと、本人みたいにかなり似ていた気がする!」
あずみん「やめてよー! なんでそんな意地悪な…(泣)」

ハードル上げるw

あずみん「『んっふっふ~、兄(C)、姉(C)』…(泣)」
はらみー「…完成度低いな~」

お前が言うかw
ぬーぬーが一番マトモなモノマネでした。
最初はかなり頑張ったけど、長くなると心が折れちゃうね。

亜美真美の『兄(C)、姉(C)』に因んだお便りで「雪歩風、貴音風、響風に『お姉ちゃん』って言って欲しいです」と。
貴音風だと「姉上」になるんですね。で、リアルに姉が居るのははらみーだけ、と言う事で、

ぬーぬー「そっか、呼びなれてるのは由実だけだよね。お姉ちゃん居るの由実だけだからさ。新鮮」
はらみー「姉上とは言わないけれども…」
ぬーぬー「確かにね、確かにね。そう、呼びかける事はさ、あたし達ないもんね。あずみんと私はね」
あずみん「ない、呼ばれる。あたし『ねーねー』って言われる」
ぬーぬー「あたしも昔は『ねーねー』だった。今は、『ねぇ』って言われるけど、『あのさぁ』みたいな」
はらみー「なんでそんなテンション低いの?」
ぬーぬー「呼んでくれないんだよ、もう!」

ぬーぬーは弟君好き過ぎるだろ。羨ましい…

ふつおた!!!

「ヴァイスシュバルツ アイドルマスター2 トライアルデッキ」の発売日以降バージョンのCMが流れました。雪歩参戦。
と言う訳で、最初の話題はそれ。書き下ろしイラストが見たくて一応買ったけど、プレイはしないよ。

で、お便りは「『6th ANNIVERSARY SMILE SUMMER FESTIV@L !』のチケット最速予約の抽選に当たりゲットしました!」。
おー、パチパチパチ(一堂拍手)
「浅倉さん、この感動を表現してみてください(勝利の雄叫びみたいな感じで)」

あずみん「獲ったどー!」

この方は初ライブだそうで。
続いてのメールは「迷惑メールの差出人が『愛美』だった」と言うもの。
あー、俺もさっき届いたSPAMのSubjectが「愛美さんに会いたいですか?」で軽く切れかけました。

ぬーぬー「あ、迷惑メールあるよ。あたし一時期ねぇ、一日百通とか来てね、もうね、フザケンナ!って思って…」

事務所からのメールもあるので「PCからのメールを拒否」の設定には出来ず、見落とさないように一つ一つチェックする、と。
そーゆー時はドメイン指定受信とかメルアド指定振分の出番ですが…

ぬーぬー「由実って書いてある差出人の人からメールが来て、迷惑メールで、『なんだよ!』って思ったことあるよ、由実!って」

一方のはらみー。

はらみー「由実も一時期すごく迷惑メールが来てて、速攻消してたんですけど、でも、なんか、すごいね、凝ってる迷惑メールみたいなのがあって、漫画に出てきそうな男の人の名前みたいな差出人で、『今仕事終わった。何してる? これから会いたいね。…続きはこちらへ』みたいな」

どう見ても出会い系SPAMです。本当にありがとうございました。

はらみー「『おはよう』とか、『今仕事が終わった』とか…」
ぬーぬー「ストーリー風なんだ?」
はらみー「そう、きっと恋人とか居たらこーゆーメールのやりとりすんのかな?と思って、なんかドキドキしちゃって…
あずみん「ちょっと! ちょっと!」
ぬーぬー「聴いたわ、それ。由実さ、すごい嬉しそうにその話してたよね、一時期。なんか『早く来ないかな?』みたいな…」
あずみん「それって、恋じゃない?」

はらみーの免疫の無さが色々と心配になりますw
変な男性に騙されないように、ちゃんと恋愛経験を積んで下さい。

続いてのお便りの「苦手なものが克服できた事は?」の問いに、

ぬーぬー「食べられるようになったもの結構出てきた。最近は、茄子がダメだったんだけど、茄子の天麩羅が食べられるようになったりとか、トマトもダメだったんだけど、すすんで買ったりはしないけど、出てくるもの食べられるようになったりとか、あと、シソが好きになったりとか…」
はらみー「そうなんだぁ」
ぬーぬー「大人になったわ! 由実はピーマン食べられるようになった?」
はらみー「由実はねぇ、大人になって、ピーマンは、自粛する事にしました!
ぬーぬー「(笑)ものは言い様だな」

先日の「ひたすら寿司を食うUst生放送」ではイクラやアナゴをまるっと残しておりました。
好き嫌い多そうだなぁ。

あずみん「あたしは、苦手なものって言うか、正直になるようになった」
ぬーぬー「ん?」
あずみん「あのね、なんて言うんだろう? 隠してたって言うか…例えば、『好きな食べ物何?』とか訊かれた時に、『イチゴとかオムライスとか好きです』って言ってたの、ずーっと」
はらみー「かわいい」
あずみん「ちょっとイメージを付けとこうかなって…」
はらみー「あやー」
あずみん「でも最近、『何が好きですか?』って訊かれた時に、『エイヒレと軟骨と蛸ワサです』って言うようになった」
はらみー「なんかリアルなあずみんって感じだね」

全部、酒のあてじゃねーか! どこの居酒屋だよw

あずみん「自分を曝け出す事こそが、大人の階段を上るって事なんだよ!」
はらみー「そうだねぇ、お酒をいっぱいあずみんは飲んで、それをね…」
あずみん「飲んでない! そんな飲んでない! そんな飲んでないよ!」
ぬーぬー「(笑)由実のね、このね、ジェスチャーがね、すげーオッサンなんだよ。こう、肩肘ついてさ…」
はらみー「これ、ギャップ萌えですからね。『こんなかわいらしいあずみんがまるでオッサンだよ』なんて、かわいいギャップ萌えだと思います」
あずみん「…もうちょっとなんか、いいギャップが欲しいな」
ぬーぬー「…うん、ゴメン。萌えない」

はらみー相変わらず酷いです。
あざといの黒いのSだのと言われてたあずみんも、全然かなわない。

歌姫楽園2011

先々週があずみんソロ、先週がぬーソロと言う事で、今週ははらみーソロなのです。
はらみー「何となく皆さん、昔の曲が多かったから、何となくその波に合わせとこうかなと思って(中略)徳永英明さんがカバーしてるのを、テレビで偶然その週に見かけて…」

と言う訳で歌うは四条貴音で「恋におちて -Fall in Love-」(小林明子)。

前の二人は若干ネタに走った傾向がありましたが、今回はガチでしっとりと歌い上げています。

あなたを知りたい!

はらみー「なんかその愛美のテンションが…あのぉ、ぬっぱらいですか? 本日も」
ぬーぬー「いや、なにも、水しか飲んで無いですけど…なんだよ! テンション上げようと思って頑張ったのにさぁ」

ひどい言い掛かりだw

はらみー「最近△続きなんでね」
ぬーぬー「そうだね」
あずみん「…△かなぁ?」

まだ言い張るかw
まぁ、正解でなければ△だろうが×だろうが同じ事でしょうけど、

それはそれとして、まずは、ぬーぬー。
「あるオフの日、実家で過していると、小学生の姪っ子が遊びに来ました…」
算数の宿題を「教えて」と言われ、全く分からなかった貴方はどうする? と言う設定。
いやいや、数学ならまだしも、算数なら大丈夫だろう。

あずみん「算数…でしょう? あたし結構早い段階で算数はねぇ、ちょっと、自粛したから…」
はらみー「由実も自粛がちだったんだぁ」

…あいたたた。

はらみー「『実際、世に出たら使わないよ』って、切々と説いて…」
あずみん「それむしろ学校中に説いてまわりたい」

…ダメな大人だw
と言うわけで、二人の出した答えは…

はらみー「社会に出てですねぇ、そーゆー小学校とか中学校とか高校とかで習った、数学とか算数とかほとんど使わないから、大丈夫だよ、みたいな感じで、その不必要さを切々と説く」
ぬーぬー「ぶっぶー! 『え~? こんなのも解けないの~? …悔しかったら自分でやってみなよ~』って、逃げる。…だって分かんないんだもん。分かんなかったらしょうがないじゃん!」

あはははは、今回は×になりました。
続いて、はらみー。
「ショッピングモールでお買い物をしていると、ずっと前から欲しかった限定品が数量限定で販売していました。しかし、これを買ってしまうと予算オーバーしてしまい、他に目星を付けている商品を買う事が出来なくなります…」

ぬーぬー「由実は関西人だからね、しっかりしているのよ、ここらへんは、お金の事に関しては」
あずみん「迷わず『カードで一括』って思った私は間違いだったみたい…」

と言う訳で、ぬーの分析により、「その限定品は買わない」と。
これはそのまんま正解。「予算がオーバーしてるんだったら、買わない!」

最後に、あずみん。
「(略)来月から、ウチの宣材写真を水着姿にする事にした。明日、事務所で撮影するから水着を持参するように(略・無駄に長いよ!)」

ぬーぬー「え? …社長…高木社長って事?」
はらみー「いや、リアルなウチの社長…」

株式会社アーツビジョンの代表取締役社長?w

ぬーぬー「うん…、あずみんはねぇ、絶対にねぇ、用意すると思うよ」
はらみー「ね。でも、白のビキニってなんか…はゃ…下着みたいだ」
ぬーぬー「はゃ…ハアハア」

ハアハアすんなw
って言うか、白はともかく何故ビキニと決め付けているのかw
と言う訳で、答えははらみーが纏めることに。

はらみー「はい、えー、白い、下着の様な、ビキニを、着てくる!」
あずみん「それ由実ちゃんの願望じゃないの? ブッブー!」

正解は「ぼかしを入れましょう」

返って怪しいわ!

ここで一曲。
ラジオ「THE IDOLM@STER STATION!!!」新テーマ「123!」
…あの~、イントロで「窓から見える~」の弾幕はやめてくださいw

Ending

ぬーぬー「なんかね、来週ね、なんかするらしいよ」
あずみん「なんか? …ってなに?」
はらみー「なんかするの? ザックリだなぁ」
ぬーぬー「(笑)すごいぼんやりなんだけど…なんかね、なんか食べるらしいよ」
はらみー「はやっ! ホント? 食べるの?!」
あずみん「え? この収録でって事?」
ぬーぬー「うん、来週の放送でね、なんか、食べられるらしいよ」
はらみー「まさか、まさか、あの…ずっと言い続けてきた、あの…、あれですか? BBQですか?
ぬーぬー「それはねぇ、あのねぇ、すごい速攻で却下されたから、分かんないけど…」
あずみん「え? じゃあ鍋だよ、鍋」
はらみー「ねぇ、なんかそーゆー鍋とか…」
ぬーぬー「あ、我慢大会? やる?」
はらみー「それは愛美さん一人でお願いします

「なんか食べられる」って何だ?w
ピクニックかなぁ?

アイマスモバイルのエリアゲームで5月末に企画が動くよ、との予告も。

あずみん「私朝倉ちょっと頑張らせて頂いた事がございますので…、詳しい詳細は25日更新のアイマス公式ブログをチェックしてみて下さい」

期間限定エリアイベントですかねぇ?
雪歩P限定ならあまり関係ないけど、果たして…